« Champaign最終日:ってもうChicagoだって、の巻(笑) | Main | "go to bed on time"を訳すと? »

May 06, 2006

ということで帰国しました(涙)

とまあ、日付変更線の関係で形式上日付を変えまして(笑)。

0605061飛行機は定刻通りにO'Hare空港を離陸。行きは結構揺れたのですが、今回はあんまり揺れず快適でありました。ただ、個々の座席に液晶TVが付いていなかったので、子供の気をそらすのが大変でしたね。行きはTVがあったので、Cartoon Networkがいろいろといい仕事をしてくれたんですが(笑)。

ちなみに、機内食は行きと非常に似たものでした。当然のように「きつねラーメン」も出てきましたし(笑)。

んでもって、ほぼ定刻通り日本時間の15時に成田に到着。入国審査やら税関やらをあっさりとパスし、預けていた車を空港まで届けてもらい、ホイホイと自宅まで帰ったのでした。そうそう、GW中ということもあってか高速はかなり空いていて、なかなか快適でありました。ここでまた電車に乗って歩いて自宅まで、とかだとそれでまた疲れてしまうんですが、こういう時に車があるのってすごく便利。駐車場代もそんな高くはないので、3人以上だったら絶対にオススメ!

ちなみに、よくニュースとかで「成田空港は帰国ラッシュ」とか言ってますが、少なくとも私達が着いたときは結構空いてました(昨年秋に帰国したときの方がよっぽど混んでいた)。今日なんてかなり混みそうなのに・・・果たしていつそんなに混むんでしょうか?(笑)

とにもかくにも、久々の自宅でホッと一息でありました。

ここであらためて今回の旅日記を読み返してみたのですが、本当に普通の「旅行」では味わえないことをいっぱい体験してますね。アメリカで2年間過ごした「財産」って思っている以上に大きいんだなあ、ということを実感しています。

日本に帰国してから時々、留学に関係するサイトをのぞいたりするのですが、「留学したいけどすごく不安」といった相談する方がやっぱりと言うか多いんですね。確かに、自分も渡米前はすごく不安だったことを思い出します。異国で、異文化の中で暮らすってのはいいことばかりではないってのは紛れもない事実なんですが、でもだからこそ得るものも非常に大きいと思うのですね。

留学を計画されている方、そして今まさに留学中の方。
異文化の波にもまれることを思いっきり楽しんでほしいな、と心から思います。
するとある時、自分の中で何かが昇華して、今まで見えなかったものが見えると思うのです。決してsuperficialではない「何か」が・・・

|

« Champaign最終日:ってもうChicagoだって、の巻(笑) | Main | "go to bed on time"を訳すと? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9976176

Listed below are links to weblogs that reference ということで帰国しました(涙):

« Champaign最終日:ってもうChicagoだって、の巻(笑) | Main | "go to bed on time"を訳すと? »