« 【仮設】もうちょっとだけ待ってくださいませ | Main | アメリカのメキシカンレストラン »

April 11, 2006

「数学的モデル化」と「自分らしさ」

 ようやく復帰! ヽ(´∀`)

ということでたいへん長らくお待たせいたしました。しかし、今回はなかなかつらかった・・・ありとあらゆる症状が時間差攻撃を仕掛けてくれましたので(笑)。でもまあ、これで憑いているものもすっかり落ちた感じで(笑)、しばらくは元気に過ごせそうな予感。

コメントいただいた皆様、本当にありがとうございました。
そして皆さんも体調には十分お気をつけ下さいませ。
幸か不幸か、しばらくお休みいただいた分ネタがたまったので、しばらくは楽に日記を書けるかも(笑)。

060411 ということで、今日はそんなダウン中に読んだ本をご紹介。「数奇にして有限の良い終末を」(森博嗣著、幻冬舎文庫)です。氏がネット上に公開していた日記を再編集した"I Say Essay Everyday"シリーズ第5弾にして最終作です。実はと言いますか、私がネット上に日記を書き出すきっかけを作ったのはこのシリーズとの出会いからでして、そういう意味ではこのblogの原点とも言える作品です。

読んでいるといろいろと思うことの多い作品なのですが、中でも非常に共感したのは以下の部分。

数学というのは、問題を解く学問ではないのですね。問題を組み立てるところに主眼があります。小学校の応用問題でも、日本語を読んで、その状況を正しく理解し、その本質を関係式として組み立てる、という過程に意味があるのであって、あとの計算は、電卓を使おうが、人に任せようが、どうだって良いのです。だから、応用問題は、最初の式が正しく書けていたら、90%の点をあげても良いでしょう。
  (「数奇にして有限の良い終末を」より抜粋)

確かに、「計算力」って算数・数学のための一つのツールであって(もちろん、それによって得られる数学的思考力や数学的勘はありますが)、本質は「問題のモデル化力」なんですよね。仕事でよくシミュレーション屋さんと一緒になるのですが、彼らもよく、「我々はプログラムを組むのが仕事と思われているけど、それは全くの間違いで、そのプログラムに載せる数学的モデルを構築するのが本当の仕事」といった感じのことを言ったりしますし。

そして、この「問題のモデル化力」というのは、これからの社会を生き抜くのに必須の能力だと私は思っています。ちょっと前までは、「情報を持っていること」がそのまま強みになりましたが、ネットなどいろんな情報が氾濫している昨今、どれが「自分に必要な、タイムリーな情報か」を振り分け選び取ることが何より重要になっています。そして、その情報を処理する「モデル」を自分なりに構築できるかどうかが何より大事だと思うのですね。その時に、この「数学的モデル化」力ってのが絶大な力を発揮すると思うのです。

言い換えれば、「情報を知っていることに価値はない(どうやって手に入れられるかを知っていればOK)、それよりはその料理法を知っていることが大事」ということになるでしょうか。そして、その料理法のレパートリーがまさに「自分らしさ」というものになるんだと思うのです。

|

« 【仮設】もうちょっとだけ待ってくださいませ | Main | アメリカのメキシカンレストラン »

Comments

森氏の作品ですね。同じ情報を入手できたとしてどのように自分の役に立つものにするか。
これは自分でしか考えられない部分ですよね。

Posted by: そう | April 13, 2006 at 08:10 PM

★そうさん
一つの答えを導き出す「数学的能力」が、個々人全く異なった「その人らしさ」につながると思うと、何か不思議な感じです。
そういう意味でも、学校でやっていたことって無駄ではないんだなあ、と思ってしまいますね。

Posted by: ぶるぼん | April 13, 2006 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9545971

Listed below are links to weblogs that reference 「数学的モデル化」と「自分らしさ」:

« 【仮設】もうちょっとだけ待ってくださいませ | Main | アメリカのメキシカンレストラン »