« 人間にしかできない「マジック」 | Main | 【速報】韓国より戻りました! »

March 15, 2006

デジタル放送とコンテンツ

「もうやめてくれんかー」と、「マグネシアクリンカー」って何となく似ていると思う今日この頃。

 みなさまご機嫌うるわしゅう。 ( ´ー`)

えっと、特に壊れているわけではないのでご安心下さい(笑)。

今日は午後から出張して講演会に参加してきました、が実は、今回は講演会の内容自身が主目的ではないのでした。その会は年数回開かれて、幹事が持ち回りになっているのですが、次回がウチの会社の担当なのでその運営方法とかをいろいろと偵察に来た、ということなのですね。とりあえずまあ、大変さは想像した程度なので、きっちり準備を進めていけば大丈夫かな、といった雰囲気。

んで、その講演会の前に本社に寄って、韓国行きの飛行機チケットを入手してきました。いやあ、いよいよといった実感が湧いてきますね。とりあえず、ちょっとだけでも韓国語の勉強をしていこうっと(笑)。

そんなこんなで、今日は講演会+懇親会(こちらも偵察目的が半分(笑))から直帰。早めに終わってちょっと時間に余裕があったので、電気屋さんなんかこらしめに行ってまいりました。

※ここで解説しよう!「こらしめる」とは西村しのぶ画伯の言葉で、デパートなどで品物を徹底的に見て、そして何も買わないことを指す。ウィンドウショッピングとの絶対的な違いは、「店員ともしっかり会話する」ことなのだ。
以上解説終わり!(笑)

最近はすっかり「薄型TV」やら「HDDレコーダー・DVDレコーダー」なんかが幅をきかせてますねー。ブラウン管(CRT)から液晶テレビやプラズマテレビに、ビデオカセットレコーダーからDVDやHDDレコーダーに、と見事に変遷した様子を見ると、何か浦島太郎な気分になってしまうですよ。確実に、10年前にはこんな世界を予想できませんでしたもんね。

んで確かに、ハードとしての技術はすごく進歩しているんですが、私の印象としてはそれに付随するソフトがまだまだ追いついていないかな、という感じです。TV放送が完全にデジタル化されるとか、携帯でTVを見れるとか(ワンセグ放送)、そういう面での変化の兆しは確かに見えるのですが、「じゃあ、そこまでして見たいコンテンツが本当にあるか?」と聞かれると、実は即答できない人も多いんじゃないでしょうか。

もちろん、ハードが揃った上でソフトが発展するということも少なくないので、それ自身を否定するつもりは毛頭ありません。デジタル化による通信の双方向性っていうのは、新しい文化を生む可能性が極めて高いと思いますし。例えば、blogやSNSがここまで広がったのは、情報の瞬時性、双方向性と人間本来が持つ連帯指向性とがうまくマッチした結果でしょうから。ただ逆に言うと、今のTVでそこまでのflexibilityが期待できるのだろうか、とも私は思ってしまうのですね。

2011年にはTVが全てデジタル放送に移行することが決まっています。それまでにハード的な問題がいろいろと取りざたされるでしょう。しかし、もっと注目すべきはそれに向けてコンテンツをどう整備していくかではないのかな、と思います。新しい「世界」を開くためにどういう可能性があるのか、それを考える時間は長いようで短いのかもしれません。

|

« 人間にしかできない「マジック」 | Main | 【速報】韓国より戻りました! »

Comments

講演頑張ってください!
ちょっと違うかもしれませんが最近の電化製品やテクノロジーの進歩に若干違和感は覚えます。
その技術の進歩自体は確かに素晴らしいのですが、それを享受できる余暇や心のゆとりが持ちづらい社会になりつつあるような。。主に仕事で求められるレベルが高くなったりよりサバイバーな資本主義社会になってきたり。
結局どこか一方が突出してもあまり意味ないのかなーと思います。

Posted by: そう | March 17, 2006 at 10:21 PM

★そうさん
「便利さ」だけを求めた技術って、やっぱりどこかに「負荷」がかかってしまう気がしています。
結局、「人に優しい技術」ってその辺なのかなー、なんてボンヤリ思ってみたり。

Posted by: ぶるぼん | March 21, 2006 at 08:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9111801

Listed below are links to weblogs that reference デジタル放送とコンテンツ:

« 人間にしかできない「マジック」 | Main | 【速報】韓国より戻りました! »