« 今日も「アメリカンな食べ物」 | Main | ようやく「ベホイミ」モード »

March 07, 2006

アメリカで見かけた「日本食」

今日は、昨日までの話題とはコロッと変えて、「アメリカで出会った日本食」をいくつかご紹介したいと思います(えっ、思いっきり話題が変わってないって?(笑))。

SANY0008-w320 アメリカで「日本食の代名詞」と言えば、やっぱり寿司。事実、寿司を食べられるレストランって、アメリカ内でも一杯あるんですね。ただ、「コリアンレストラン」や「チャイニーズレストラン」がやっていたりするケースも少なくなかったりするんですが(笑)。

んで、こちらの写真は実はイリノイ大の学食みたいなところ(Illini Union地下のフードコート)で売っている寿司パック。最初は「きっと不味いんだろうなー」と思ってなかなか手が出なかったんですが、ある日思い切って食べてみたらそれなりにイケたんです、これが。アメリカでもサーモンはそれなりの鮮度のものが手に入りますからね。やっぱり寿司はネタが命!ってことなんでしょうか。

SANY0002-w320ただ逆に言うと、寿司以外の日本食ってなかなか見かけないんですよね。やっぱり、本場の日本食の味を知っている料理人がそれほどいないっていうことなんでしょうか。

ちなみに、こちらはChampaignのダウンタウンにある"Hinode"というレストランで出てきた「うどん」。見た目だけ見ても、明らかに「うどん」に入れないような具が満載ですし(笑)、味も「似て非なるもの」でした。レシピを見ながら真面目に作ろうとしたんだろうな、という跡は感じられるのですが、いかんせん本場の味を知らないので、こうなってしまうんでしょうね。この辺りの裾野を広げるのは、日本文化の輸出という意味でも、結構大事なことかもしれません。

SANY0021-w320 こちらは、Chicago郊外のArlington Heightsにある"Sea Ranch"という日本食レストランの「サンマ塩焼き定食」です。こちらは日本人が経営しているだけあって、日本で食べる以上に日本食でした。こういうレストランから日本食が広まっていけば、「日本食=寿司」という、ある意味ステレオタイプな印象を脱却できるような気がするんですけどね。

|

« 今日も「アメリカンな食べ物」 | Main | ようやく「ベホイミ」モード »

Comments

懐かしいですねー。Illini Union, Sushi San のお寿司。サーモン以外は日本のコンビニのパック寿司という感じでしたが、価格も同じぐらいだったので、中西部の鮮魚事情を考えるとかなり頑張って営業していましたよね。気軽にお寿司が食べられるので重宝していました。

あと、メニューに牛丼もありましたね。アメリカ人に脂身が嫌われるのか淡泊な赤身の牛肉でしたけど…。付け合わせの温野菜がユニークでした。(笑

Posted by: konny | March 09, 2006 at 02:13 AM

★konnyさん
ごぶさたしてます!お元気そうで何よりです。ヽ(´∀`)
Sushi Sanはそれなりにお世話になりましたねー。ある意味、また食べたい!
牛丼は、おそらく多くの日本人がそうであるように、あまりに淡泊な肉質が何とも口に合いませんでした(笑)。

Posted by: ぶるぼん | March 12, 2006 at 11:58 PM

I got this web page from my friend who informed me regarding this site and now this time I am visiting this web site and reading very informative content here.

Posted by: bouncy castle hire hull | September 13, 2014 at 07:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9007884

Listed below are links to weblogs that reference アメリカで見かけた「日本食」:

« 今日も「アメリカンな食べ物」 | Main | ようやく「ベホイミ」モード »