« 「少数派は時々正しい」・・・ | Main | 「技術開発」の本質/トライアンド・・・? »

March 21, 2006

英語でsitcomを楽しもう!

ということで今日は恵みの祝日。何か久々に「寝休日」だったのですが、おかげでちょっとHPは回復。

cosbyそんな夕方、先日Amazonに注文していたDVDが届きましたThe Cosby Show :Season 2と、The Fresh Prince of Bel-Air :3rd Seasonです。どちらも留学時代にハマって見ていたSitcom(Situation Comedy)なのですが、Nick@niteという同じチャンネルでやっていたので、私の中では同じグループに属する番組なのですね(そういう意味では、Full Houseも私の中では同系列です。ちなみにこちらも、Full House :3rd Seasonが近日発売予定!)

freshprinceということで、さっそく鑑賞。見ているだけで当時のことを思い出して懐かしくなってしまいます。最初は何を言っているんだか分からなくてクローズドキャプション(アメリカで行われているアナログ文字多重放送で、セリフやナレーションのほとんどがテレビ画面に字幕表示される)を駆使しながら見ていましたねー。今は多少は英語力が上達したのか、それともただ単に話の内容を覚えてしまっているのか(笑)、ようやく字幕なしでも楽しめるようになりました、はい。

個人的な意見なのですが、英語を勉強するにはこの手のコメディ系のテレビ番組はもってこいだと思うのですね。というのは、

・1回が20分強と短い
(映画だと2時間近い時間を確保しなくてはいけないので、結構それが鑑賞の障壁になったりする)

・鑑賞順番がランダムでもOK
(続き物だとそうはいかないし、1度見逃すと気持ちが萎えてしまう)

・いろんな番組を並行して見れる
(いろんな英語に触れられるというのは非常に大きなメリット!)

ということで、興味がありましたらぜひ。私はどの番組も同じくらい好きなのですが、あえてカテゴライズすれば、一番取っつきやすいのはFull Houseで、一番アメリカンコメディなのはThe Fresh Prince of Bel-Air、そして一番啓蒙的なのはThe Cosby Showだと思います。

※ちなみに、これらのDVDは全て輸入盤で表記はリージョン1なのですが、我が家のDVDプレーヤーで全て再生できますので、実際にはリージョン0なんだと思います。Full Houseだけは日本版も売っているのですが、日本語の音声や字幕が入っているぶん値段が倍くらいします。

|

« 「少数派は時々正しい」・・・ | Main | 「技術開発」の本質/トライアンド・・・? »

Comments

手軽な英語のトレーニングにはもってこいですね。わが社はインド人の癖のある英語発音が飛び交い、ある意味ハードな現状です。

Posted by: そう | March 21, 2006 at 08:28 PM

★そうさん
インドの方の英語は・・・確かに大変です。
でもまあ、日本人の英語もよその国の人に言わせると似たようなモノかも(笑)。
・・・精進しよう。(´∀`;)

Posted by: ぶるぼん | March 24, 2006 at 06:41 AM

あー、 The Cosby Show のDVD欲しいですー。笑いのツボが通じて(これ重要・笑)ほのぼのドラマで大好きでした。帰国時はまだVHSのみだったので購入を断念したのですよ。これからAmazonへ行ってきますー。

報道番組の海外レポーターなど、発音にお国訛りがあっても、フレーズ中のストレス(強弱)とリズムがついていればネイティブに通じるそうですね。日本人はストレスが均等になりやすいから通じにくいようだとレッスンで言われたことがありました。精進、精進。(^-^;

Posted by: konny | March 25, 2006 at 11:47 PM

★konnyさん
The Cosby Show、なかなかいいですよね。Bill Cosbyがいろんな偏見を取り除こうと戦いつつ、それを笑いに昇華していった姿がかいま見えるようで私は大好きです。

Posted by: ぶるぼん | March 26, 2006 at 10:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9191003

Listed below are links to weblogs that reference 英語でsitcomを楽しもう!:

« 「少数派は時々正しい」・・・ | Main | 「技術開発」の本質/トライアンド・・・? »