« "Japan's Cultural Code Words" | Main | デジタル放送とコンテンツ »

March 14, 2006

人間にしかできない「マジック」

アッサリと明後日から韓国に行くことが決まりました。ということで、今日はその準備(技術資料作成&事務手続き)でドタバタとした一日。明日は明日で別件で出張なので、その合間を見て一緒に仕事をしている方々の今週中の研究内容をディスカッションしたり。そういえば、来週もいきなり数件打合せ(出張)が飛び込んできたなあ・・・

やることが多いのは充実していていいけど、忙しさにかまけないようにしないと

そうそう、帰宅したら「まもなく車の6ヶ月点検ですよ」というハガキがディーラーから届いておりました。そうかー、もう帰国して6ヶ月経つのか、と感慨ひとしお。同じように留学経験のある方々からは、「半年も経てばすっかり『日本人』に戻っちゃうよ」と言われてきましたが、果たして私はどうなんでしょう?(笑)

少なくとも、自分としては留学中に得られた「マージナル」な感覚はうまく持ち続けられていると思うのですね。実際、留学前から一緒に仕事をしていた人からは「(考え方とか)ずいぶん変わった」と言われましたし。それだけ私にとって留学というのは意義深い体験だったという証拠だと思いますし、同時にそれを持ち続けることは会社への恩返しにもなると信じています。

んで、そういう感覚を持ち続けられている一つの理由っていうのが、実は留学中から書き続けているblogだったりするのでした(途中1年ほど休んでますが(笑))。読んでいただいている皆さんにとってそれだけ意味のあるモノを提供できているかどうかは自信がありませんが、少なくとも自分自身の頭の中の交通整理という意味ではすごく役に立っています。

ということで、これからも何らか書き続けていければなあ、と思う今日この頃。

fujii そうだ、もう一つ、家に帰ったら届いていたモノがありました。先日Amazonに注文していたふじいあきらのカードマジック事典アンソロジーというDVDです。人気マジシャンふじいあきら氏の演技・解説付きでいろんなカードマジック技術を学ぶことが出来る、という感じのモノですね。氏のひょうひょうとした態度にだまされてしまいますが、こうやって見るとホントすごい技を駆使しているんだなあ、ってのに感動。お見事!

んで、なんで最近こういうマジック関係にハマっているかといいますと、そういう技を身につけてどこかでコッソリ披露しよう、という斜め向きの気持ちもあったりしますが(奥さんからも、「ウチのダンナはどこに向かっているんだろう?」と指摘されました(笑))、それ以上に「どうやって人は騙されてしまうんだろう」ということに単純に興味があるってのが正直なところです。

「擬態」とかいった形で見た目的に騙す、というのは動植物の世界でもよくあることですが、それを「エンターテインメント」にまで昇華させるというのはまさに人間らしい、と言うか人間にしかできない行動だと思うのですね。そういう意味での「マジック」に興味がありますし、そういう技が出来る、またはそういう技を開発できる技術ってのには純粋に感動を覚えるのでした。

|

« "Japan's Cultural Code Words" | Main | デジタル放送とコンテンツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9096746

Listed below are links to weblogs that reference 人間にしかできない「マジック」:

« "Japan's Cultural Code Words" | Main | デジタル放送とコンテンツ »