« 「技術開発」の本質/トライアンド・・・? | Main | 日本人の「バイリンガル」幻想 »

March 24, 2006

丁寧な英語を覚えなきゃ・・・

 今日は1週間ぶりに1日中研究所にいたなあ・・・ ( ´ー`)

そんなことでしみじみしなくてはいけないのもちょっと変な話ですね。
精進します。はい(笑)。

今日は楽しい金曜日の夜、ということで今もまたThe Cosby Show :Season 2を見て満足していました(笑)。今見たのは"18: A Touch of Wonder"なんですが、この回とってもいいです。次女のDeniseが交通事故にあった相手の車に乗っていたのが何とStevie Wonder!、ということでお詫びのしるしに一家揃ってレコーディングに招待され、みんなで「心の愛(I Just Called to Say I Love You)」を歌うのですが、その歌声が何とも感動的なのですね。Stevieの歌声のすばらしさはもちろんですが、Huxtable一家(お父さん役のBill Cosbyはいませんが)の歌声が重なると何ともいい!のですね。この番組のテーマ自身がこの歌にほんとピッタリなんです。

そして、個人的に大好きなのがレコーディングスタジオに行ってHuxtable一家がStevie Wonderに挨拶をするシーン。長男のTheoが"Mr. Wonder, Hi, I'm Theo."と挨拶をしたらStevieは

 Why don't you say, "Hi Steve"?
  「Hi, Steve」って呼んでよ!

と答え、三女のVanessaが紹介され、Stevieが"That's a pretty name."(いい名前だね)と言ったのを受けて、大ファンのVanessaは"Thank you, Sir."と答えるのですが、それに対してStevieが

 You're welcome, Madam.
  どうつかまつりまして(笑)。

 We can do without all the Sirs, OK?
  "Sir"とかもう付けないで、気楽に行こうよ!

と言ったりするやりとりがあって、Stevieの暖かいキャラクターやユーモアがにじみ出ていてすごく好きなのですね。それに加えてこのシーンがとっても印象的なのは、「ああ、やっぱり英語での丁寧な表現をきちんと覚えなきゃいけないなあ」ということにあらためて気付かされたからです。

英語ではみんながフレンドリーにファーストネームで呼び合って、上下関係など関係ない・・・事実、アメリカではそうやって生活してきたのですが、だからといって「言葉の裏に隠された畏敬の念」までを消してしまうのはマズイのでは、と気付かされたのがこのシーンだったのですね。例えば、英語で何か質問されたとき、本当は教科書で習うように"Yes, I do."、"Yes, I am."みたいに答える方が丁寧できちんとした英語だと思うんですが、でもついつい"Yes."、"No."だけで事足りるので、それしか使わなくなってしまうんですよね。

もちろん、一番重要なのは心の持ちようだとは思うのですが、それに加えてその国で常識とされる最低限の「マナー」だけはきちんと習得しないといけないなあ、とあらためて認識。Rudeだと思われてしまうのは、万国共通誰にとっても悲しいことですからね。

|

« 「技術開発」の本質/トライアンド・・・? | Main | 日本人の「バイリンガル」幻想 »

Comments

日本語しかわからないし、その日本語も少々怪しい私(笑) 言葉は奥が深くて難しいです。

あるセールスの男の子。
言葉遣いはとっても丁寧なんです。
それは「文字にして黙読すれば」という意味で。
その文字を彼が話すととっても「慇懃無礼」に聞こえるから不思議でした。
正直、私も何度か噴火しそうになった(笑)
表情、声のトーン、色々あるんでしょうね。
ものすごい乱暴な言葉遣いでも、とっても優しく聞こえることもありますし。

丁寧に越したことはないんでしょうが・・・難しいです。

なんだか日記の内容とずれてますね^^;

Posted by: ジンジャー | March 25, 2006 at 10:48 AM

★ジンジャーさん
もちろん、表現の丁寧さの裏には必ず「心の丁寧さ」が必要で、それがないとご指摘の通り慇懃無礼になってしまうんですよね。セールスマンとかにとってもありがちな(笑)。
精神論的でちょっと分かりにくいんですが、でもやっぱり「心の持ち方」はホント重要だと思います。

Posted by: ぶるぼん | March 26, 2006 at 09:54 AM

How do you do? は死語と思っていたら、最近アメリカ人にそのように挨拶されて、Hi!とかHello.How's it goin?としか話しかけられてなかった私は、ふぁいんさんきゅーといってしまったのでした。変な顔をされ、気がつきましたが後の祭りです。きちんとした英語も覚えなくてはなりませんね。

Posted by: pira | March 30, 2006 at 10:48 AM

★piraさん
やっぱり、カジュアルな英語以外にフォーマルな英語もきちんと身に付けておかないといけないですよね。
特に挨拶ってコミュニケーションの基本でありスタートラインですもんね。

Posted by: ぶるぼん | March 31, 2006 at 06:06 AM

Remarkable things here. I am very happy to look your article. Thanks so much and I'm having a look ahead to contact you. Will you kindly drop me a mail?

Posted by: free music downloads | August 19, 2014 at 06:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27103/9246483

Listed below are links to weblogs that reference 丁寧な英語を覚えなきゃ・・・:

« 「技術開発」の本質/トライアンド・・・? | Main | 日本人の「バイリンガル」幻想 »