« December 2004 | Main | February 2005 »

01/31/2005

図書館通いもまた楽し

昨晩の停電ですが、いろんな人に聞いてみたところ、私が住んでいるアパートのごく一部でだけ起きた現象ということが明らかになりました(同じアパートでも、別の棟では停電しなかったらしい)。ということは、アパート内のどこかの配線が一時的に逝ってしまったということですね。何とも運が悪かったことナリ。

さて今日は、基本的に家にこもって「休み休み仕事、休み仕事、休み休み休み」って感じの一日でした(笑)。思考実験のおかげで、明日からの実験方針はとりあえず決まりましたので、いろいろと試しながら改良できればと思う次第です。

んで、昼間に息子と2人で市の図書館に行ってきました。タダで本とかCDとかDVDとか借りれるので、せっかくなので活用しないとと思い、最近よく足を運んでいます。いわゆるお気に入りスポットですね(笑)。今日は息子用の本2冊と、私用の本2冊を借りて帰りました。ちなみに、息子用には1冊は電車の本(息子が通りがかりに自分で見つけて、「あぁっ!」と声を上げてました(笑))、もう1冊は"I SPY"というかくれんぼ絵本を借りました。この"I SPY"という本(シリーズもので、何冊も出ています)、大人でもハマるなかなかの優れもので、ちょっとお薦めです。ちなみに、日本語に翻訳された「ミッケ!」というバージョンもあるそうな。

さて、私が借りた本はというと、1冊目は"The Princess Diaries"(映画にもなりましたね)。借りた理由は…特にありません(笑)。偶然見つけたので、何となく借りてみました。そして2冊目は(「冊」とは言わない気もしますが)、"Holes"のAudio CD版です(こちらも映画になっている模様)。実は、本の方は読んでいる途中なのですが(この本を読み始めた理由も特にはありません(笑))、リスニング用教材としてちょうどいいレベルかなと思ったので、借りてみたという訳ですね。

そうそう、アメリカに来て改めて気付いたのですが、こっちの人って活字を読むのが好きですね。バス停や駅、空港などの待ち時間に本を読んでいる人がすごく多いですし、本屋とか図書館とかもいつも混んでます。確かにこういう人から見たら、電車とかでマンガを読んでいる日本人って奇異に映るかもしれないですね。まあ私は、マンガは活字に比べて劣るものだとは決して思わないのですが(むしろ、周りの見た目を気にして難しそうな本を読む行為の方が卑しいことだと思う)、マンガと活字だと読んでいる時に使う「筋肉」が違うので、両方をいいバランスで消化できればいいのかな、なんて思ったりした日曜日でした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

01/30/2005

石狩鍋、ウナギ手巻き寿司、んで停電…

昨日ですが、日本の友人宅にてお泊まり鍋大会が開催されておりました(ということで更新できずに申し訳ありません)。今回は「石狩鍋に挑戦しよう!」と盛り上がったものの、誰も本当の石狩鍋の味を知らない(笑)という体たらくで、「闇ナベ状態」に陥ってしまうのではと危ぶまれましたが、それなりに美味なものが出来上がりました。「バターをたっぷり入れればそれっぽい味になる(逆に言うと、入れないとただの濃いみそ汁、って感じ)」という貴重な経験則も得られ、なかなか有意義でありましたね(笑)。いやあ、しかし鮭に味噌ってホント合うんだなあ。しみじみ。

そんなこんなで、結局金曜日の夕方から土曜日の昼までゆっくりさせていただきました。今週も実験がなかなかハードだったので、いい気分転換になったことです。ちなみに、実験の方はちょっと意外な結果が出てしまい、またしても2歩くらい後退してしまいました。もうちょっと頭をひねってみる必要がありそうですね。

そうそう、ウチの実家から荷物が届きました。メインは、送ってほしいとお願いした焼き海苔です(ウチの母親の実家は海苔の養殖をやっているのです)。ということで早速、すし太郎と冷凍ウナギとともに手巻き寿司風に頂きました。

 いやあ、美味! ヽ(´∀`)ノ

海苔はもちろんなのですが、冷凍ウナギもなかなかいい仕事をしてくれました。こういうウナギって、皮の部分がゴムみたいでイマイチなモノが多いのですが、これはそれなりに普通に食べられましたし。満足!

んで午後は学校に行って実験しようかと思っていたのですが、朝から降り始めた雪が結構激しくなってきたので今日はおとなしく家で思考実験(単にボンヤリ過ごしていたともいう(笑))。夕方には雪は止んだのですが、その影響か夜に長時間の停電(夜7時から翌1時まで)が発生するなど、ちょっと困った一日でありました。ちなみに我が家は停電中は一家揃って寝ていた(と言うか、寝てるしかなかった)ので、あまり影響ナシとも言えますが(笑)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

01/28/2005

「日本的」「アメリカ的」な研究開発とは

実験の方ですが、実はまた新たな壁にぶつかりつつあったりします(笑)。うーん、なかなか簡単にはいかせてくれないなあ、と思いつつ、だからこそ成功したときの達成感も大きいわけで、「泣かないように、負けないように、いい夢をみるんだよ」 ((c)鴻上尚史)の気持ちで行こうかなと思う次第です。
…意味がよく分からないですって?大丈夫、私もよく分かってません(笑)

とまあ、そんな合間に本日は英語の個人レッスンへ。最近はすっかり雑談の時間となっていますが、自分が本当に話したいことが話せるという意味で、とてもいい練習になっているような気がします。今日の話題ですが、どうやってその話になったのかは憶えていないのですが、中村修二さん(青色LEDの開発者で、現カリフォルニア大サンタバーバラ校教授、勤めていた会社と特許紛争を起こしたことで有名)や田中耕一さん(生体高分子の質量分析法のための「脱離イオン化法」の開発によりノーベル化学賞を受賞)に関することがメインでした。私もこのお二人と同じく企業で研究員をしているので、いろいろと思うことがあったりするのですね。

中村氏は会社に数百億の発明対価を要求したということで、研究者・技術者の間でも時々その是非について議論がなされたりします。私個人の意見としては、「細かい裏事情が分からないので簡単には言えないけど、中村氏も会社もやり方として問題があるなあ」といった感じです。ただ私は、この紛争自身よりももっと気になっていることがあります。それは、中村氏が「日本では,技術者の給与がスタースポーツ選手並みなんて考えられない」と発言している点です。
※会社に多大な利益をもたらした特許に対する報酬が十分ではなかったという問題については、以下ではいったん置いておきます。

日本の会社の基本的な方針は、「研究開発が失敗しても基本的にその責任は取らせない(要は簡単にはクビにしない)、ただし成功しても目が飛び出るほどの報酬は与えない」といった感じではないかと私は思っています。これに対し、スポーツ選手の場合は、「成功した場合の報酬はたんまり与えるけど、その代償として失敗したときには簡単にクビにするよ」といったスタンスなんだと思うのです。彼自身、アメリカの会社からイチロー並の給料を提示されたと言っていますが、それは定期的な人材流動がある(ぶっちゃけて言うと簡単にクビにされる)アメリカの会社ならではのことだと思うのです。

アメリカでは、それぞれの人が自分の専門(specialty)を持っていて、それぞれが自分の役割をきちんと果たすことで社会が回っています(逆に言うと、他人の専門性を尊重する分、自分の専門以外には口を出しません)。これに対し、日本ではもちろんそれぞれの専門性を持った上で、その垣根を越えて協力することで回っている社会だと私は思っています。この点がいかにも「日本的」と言われるところかもしれません。ただアメリカと日本と両方の社会を経験して思うのは、「日本的」な方法では「スター選手」は生まれなくても「スター商品」は十分に生まれるし、もし「スター選手」になりたいんだったらいわゆる企業の枠から抜けて、ベンチャー等の「アメリカ的」な世界に足を踏み入れればいいと思うのです。

そういう意味で、中村氏は「日本的」な世界を捨てて「アメリカ的」な世界に飛び込んだ訳で、それはそれでもちろん素晴らしいことだと思います。ただ、だからといって「日本的」な研究開発のやり方に問題があるとは私は思いません。むしろ、両方のやり方を簡単に選択できるという意味で、実は日本の研究者は恵まれているのではないのかな、と私は思うのです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

01/27/2005

'Blue'に謎の踊りをご披露の巻

ここしばらくの「大盛り無料キャンペーン(笑)」のおかげで、ちょっと見栄えのするデータが出始めています。しかし、ここ1~2週間の結果では、またふりだしに戻る危険性もはらんでいて、なかなか油断できません(笑)。でもまあ、会社に残って研究するより「目先の利益」にこだわり過ぎなくてもいいので、その分楽しいし精神衛生上にも好適ですね。もうしばらくは、この研究本来の醍醐味を堪能したいと思います。

んで、お仕事が忙しくなったと言いつつ、夜は家族で"Blue's Clues Live!: Blue's Birthday Party"という、アメリカで人気の子供番組のイベントに行って来ました。会場はAssembly Hallという、一見ドーム球場のような外観のホールです。ここは、今住んでいるChampaignの人口に見合わず異様に立派でまず驚くのですが、これが大学の持ち物と聞いてさらに驚くという、なかなか魅力満載のホールです(笑)。普段はバスケットボールなどのスポーツイベントによく利用されるのですが、時々意外な大物のコンサートとか楽しげなイベントとかやっていて、侮れません。

050126-1ということで今回初めて足を踏み入れたのですが、中は良くも悪くも普通のホールでありました。席は2階の一番前あたりということで、ちょっと遠いけどよく見えるといった感じでしたね。ちなみに席から撮影した写真はこちら。写真撮影禁止とのことだったのですが、周りがみんな撮っていたので、お言葉に甘えて(?)ちょこっとだけ。

050126-2んで、本題のイベントはと言うと、途中トイレ休憩を挟んで(小さい子供が多いので)約1時間半、子供達はなかなか楽しげでありました。最後の方は、前の席の子供達は立ち上がって踊り狂ってましたし(笑)。ウチの息子も周りにつられて謎の踊りを披露してましたね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

01/25/2005

「何じゃコリャ!」なもの三題

 …ぷはぁ! ヽ(゚Д゚)ノ

大変遅ればせながら、あけましておめでとうございます。1ヶ月ほど地下潜伏の極秘任務を続けておりましたが、この程ようやく解放されることとなりました。

…って、すみません。単に忙しさにかまけて更新をストップさせてしまいました。今年が留学最後の年になるので、実験を目一杯回し始めたのに加え(ここまで忙しいのは、今までゆっくり進めすぎた自分の責任とも言う)、研究に関係するセミナーや英会話サークルなど、いろんな場に顔を出して人脈を作ろうと奔走しているためです。

そんなこんなで、気付いたら1月ももう終わろうとしているのですね。ああ、むじょう。

久々に日記を書こうと思うと、なかなか筆が進まないものですね。ということで今日は、リハビリ代わりに「何じゃコリャ!」なモノをご紹介してみます(笑)。

050125-1「何じゃコリャ!」なモノその1、絵・文字入りプリングルスです。DEYTONA500バージョンだそうで、それはまあいいのですが、

 しかしなぜ青色… orz

食欲萎えまくりなのは私だけでしょうか。

050125-2「何じゃコリャ!」なモノその2、オーガニック食品の店で見つけた"Miso Soup"なのですが、

 みそ汁?うどん? ヽ(゚∀゚)ノ

なんか違う!、と思わずにいられないのは私だけでしょうか。

050125-3「何じゃコリャ!」なモノその3、アジア食材店で見つけた冷凍はまちです。解凍して刺身で食べたらメチャ美味!だったのですが、

 「ロイン」って何じゃー! ヽ(゚Д゚#)

これって、「はまち」の"loin"(腰の部分)ってこと?しかし、魚のどの部分が腰になるのか分からず、夜も眠れなくなっているのは私だけでしょうか(一部大嘘)。

| | Comments (59) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »