« November 2004 | Main | January 2005 »

12/31/2004

3日まとめて日記の巻

12/28(火)
041230-1今日はKoohey君とともにChicagoのArlington Heightsまで行ってきました。大晦日に日本の方々と集まって年越しをするのですが、その時に持参する料理(筑前煮など)用の材料などを買いに行ったのですね。いつものごとく、日系スーパーMITSUWATensuke Marketでいろんなものを購入しました。昼食は、これまたいつものごとくSea Ranchにて。右写真は、私が食べたランチボックス。これで$8ちょっとなんて安すぎです。

夕方17時半から友人の息子さんの誕生会に招待されていたのもあって、15時前にKoohey君をO'hare空港で降ろし(そこからバスでWisconsinまで帰還)、私らは帰路へ。ちょうどいい時間だったので、その足で友人宅に向かいました。そこで夕食やケーキをごちそうになり、21時前に帰宅。

そうそう、せっかくなので昼Sea Ranchでウナギの太巻きを購入して持っていったのですが、驚いたことに何と用意していただいた夕食がウナギとちらし寿司!いやあ、こんなことってあるんですね(笑)。もう一つ、トンカツ巻きも持参していたので、何とか助かりました。

12/29(水)
今日は、Kooさんに誘われてアメリカ人のCさんと一緒に昼食に行ってきました。Kooさんは間もなく日本に帰国ということで、Cさんとのお別れランチだったのですが、私も呼んでもらったのですね。というのもKooさんは、English Tableという「英語での会話に興味のある人が集まる会」でCさんと知り合ったそうなのですが、先日「その会に興味がある」と私が言ったのを憶えていて、わざわざ声を掛けてくれたのでした。感謝!

041230-2ということで、CさんオススメのHickory River Smokehouseという店に行ってきました。私はPork Loin SandwichとCole Slaw、Apple Sauceを注文したのですが、なかなか美味でありましたね。Hot Sauce(辛口ソース)がいい感じでした。お値段($6程度)の割にボリューム満点だし、店の雰囲気もいいし、ということで心の中のブックマークに登録しておきました(笑)。

食事の席では、Tsunamiの被害の話や、スキーの話、アメリカの国立公園の話、そしてキリスト教の話(Cさんは敬虔なクリスチャンのようです)など、緩急自在な話で盛り上がりました。こうやっていろんなバックグラウンドを持った人といろんな話が出来るのが留学生活の醍醐味ですね。ホント、ありがたいことです。

12/30(木)
先日、「完全版 英語リスニング科学的上達法 -音韻篇」という本で"r"、"l"の聞き分け訓練をやっていると書きましたが、その後調べてみたら、そのスピーキングバージョン「完全版 英語スピーキング科学的上達法 -音韻篇」があることが分かって、実はこっそり取り寄せていたのですね(笑)。それが数日前に届いたので、いろいろと試していたのですが、いやあこのソフト、実にいい!

まず、いろんな母音や子音の発音の模範例(音声のみ、音声+画像)、そして舌や歯の動きを示したアニメーションといった基本資料が充実しているのはもちろんなのですが、それ以上に役に立ったのが自分の発音(マイクで入力)をスペクトルで示してくれる(横軸が時間、縦軸が周波数)機能です。これもいろんな音の模範例が付いているので、自分の発音の弱点がどこにあるかがグラフとして分かるのです。

そして更にすごいのが、発音した音を解析し、ネイティブにはどの音として聞こえるハズだという結果を返してくれる機能です。上記のスペクトル解析と併用すると、更に自分の弱点がハッキリ分かってくるのですね。

実は私、英語の個人レッスンの先生から、「"s"、"z"の発音がclearでない」との指摘を受けていたのですが、イマイチその原因が自分では掴みきれずにいました。しかし、このスペクトル解析機能や音声認識機能を利用したところ、その理由がハッキリ分かったのでした。細かく言うと私の場合、"s"や"z"の音の直前に付随する、早い息の流れによる高周波音が足りなかったのです。

んで今朝、英語の個人レッスンがあったので、このソフトを持って行ってきました。今日はずっと発音練習をしていたのですが、幸いにも「確かに前よりclearになった(でもまだ不十分)」との言葉を頂くことが出来ました。実際先生にも使ってもらったのですが、素晴らしい機能にとっても感動していらっしゃいましたね。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

12/28/2004

ただいま来客中

お隣のWisconsin州に交換留学に来ているKoohey君が遊びに来てくれています。ということで、簡易版で失礼します!

12/26(日)
左下写真:朝、アパートにて。昨日からの雪が積もっていて、その上にウサギのものと思われる足跡を発見!(右は私の足跡:大きさ比較にお使い下さい(笑))
右下写真:他の友人にも声を掛けて、夜はおなじみ東海漁村へ。どの料理も美味すぎ!写真は今回初めて注文した芥蘭牛肉。
 041226-1  041226-2

12/27(月)
左下写真:朝方見かけた看板。パッと見ると暖かそうですが、この表示は華氏なのですね。摂氏で言うと-12℃!
右下写真:午後はKoohey君と一緒に大学巡り。こちらは夕方撮影したBeckman Institute。なかなか堂々とした面構えです(笑)。
 041227-1  041227-2

| | Comments (7) | TrackBack (0)

12/26/2004

ゆったりとしたクリスマス

041225-1今日は12月25日。朝起きたらクリスマスツリーの下にプレゼントが!サンタさんも無事に我が家に到着してくれたようです(笑)。

ということで、ツリーの下には3つのプレゼントがありました。1つは、BRIOのようでBRIOでない(笑)、木製の道路セット(左下写真)。こちらはサンタさんからの贈り物ですね。そして2つ目は、プラレール 九州新幹線800系つばめセットです(右下写真)。こちらは、日本にいる祖父祖母(奥さんの両親)からのプレゼントでした。

 041225-2  041225-3

041225-4乗り物バカの息子は、この2つがいたく気に入って、今日はほとんど付きっきりで遊んでいました(そのまま放っておいたら、朝食も昼食も食べずに遊び続ける勢いでしたね)。しかも、最初は別々にセッティングしていたのに、気付いたらいつの間にか2つを合体させて遊び出す始末。でもまあ、「こういう気の利いたことをするようになったんだなあ」、とちょっと(かなり?)親バカモードに入ってみたり(笑)

041225-5おっと、忘れてはいけない3つ目のプレゼント。アメリカで人気の子供番組、"Blue's Clues"の"Party Time with Blue"(本に、自由に針が動かせる時計が付いていて、ボタンを押すと時刻を英語で読み上げてくれる優れモノです)と、"Bob the Builder"の"CD story book"("Read Along"と呼ばれる朗読CD付き絵本)です。こちらは我々からのプレゼントという名義になってます(笑)。一応、こちらにも時々は興味を示してくれていたので、ヨシとしましょう。

041225-6ほとんどの店が休みということで、アパートの前の車通りもほとんどなく、とっても静かなクリスマス当日。今日は一日家にいてゆっくりと過ごしていたのですが、夕方ふと気付いたら雪が積もっていました。ホワイトクリスマスにギリギリ間に合った、といった感じですが、何とも風情のある景色であります。やっぱり、クリスマスには白がよく似合うなあ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

12/25/2004

肉まん発見!/今日はクリスマスイブ

041224-1何か最近食べ物ネタばかりで恐縮ですが…
アメリカに来て以来、ふとした拍子に食べたくなるものの一つに「肉まん」が挙げられます。日本にいるとコンビニに必ず置いてあるため、ついつい買ってしまうあの魔性の食べ物です(笑)。アジア食材店に冷凍物が売ってることもあるのですが、求めている味とちょっと違って、逆に欲求不満がたまっていたこの1年。そんな苦難を乗り越え、先日ついに求めていたモノと出会うことが出来ました。Oriental Kitchenの"SIOPAO"というヤツですね。6個で$6.99とちょっとお高めではありますが、満足度はかなり高い一品でありました。はふ。

041224-3さてさて、今日はクリスマスイブ。ということで今晩は家族でささやかなパーティーを開催しました。と言っても、夕食は基本的に普通で(笑)、昨日に引き続き奥さん手作りケーキがあったのがスペシャルといったところです。今日は、ロールケーキ風だそうな。

今回初めて「クリスマスクラッカー」なるものを購入してみました。円筒状の紙の2ヶ所があめ玉のような感じにくびれていて、そのくびれをちぎるように引っ張ると、クラッカーがパンと鳴るものです。中には、紙で出来た王冠状の帽子やちょっとした小物(ソーイングセットや小さなトランプでした)、そして小ネタの書かれた紙が入っているのですが、そのツボが全く分からなくて困ってしまいました。ちなみに内容は以下の通り。

 A 20ft hole has appeared in the M25.
 Police are looking into it.

041224-2この面白さの分かる方、ぜひとも教えて下さいな(笑)。

さて、クリスマスと言えばプレゼントですね。とりあえず、夜寝静まってからツリーの下に置こうと思っています(ちなみに右写真は、先日友人から頂いたプレゼントと我が家のお手頃サイズツリーです)。果たしてどんな反応をしてくれるでしょうか?楽しみですね

| | Comments (7) | TrackBack (0)

12/24/2004

クリスマスのトリビア/クリスマスパーティーその1

今朝は毎週恒例の英語個人レッスンへ。今日は時事ネタと言うことで、クリスマスやキリスト教に関する話をいろいろと聞くことが出来ました。というのも、先生はキリスト教のシスターでもあるのですね(そのため明日はレッスンがお休みで、通常金曜日のレッスンを移動してもらったのでした)。

中でも興味深かったのは、12/25は実はキリストの誕生日ではないという話でした。その証拠としては、新約聖書(the New Testament)の中で、「キリストが生まれたとき、野宿していた羊飼いがやってきた」という記述があるため(真冬に羊の放牧は行わないし、通常野宿もしない)だそうな。

ではなぜ12/25がお祝いの日となったかですが(この辺、いろいろな説があるそうですが)、キリスト教は当初ローマ帝国に迫害されていて、正式な儀式を持つことができなかったのですが、冬至の頃に帝国が行う太陽神のお祝い(冬至以降は昼がどんどん長くなるため)の時は監視が緩むため、その時を見計らって儀式を行っていた、という経緯があるそうです。

 ( ・∀・)つ〃∩ へぇ~へぇ~へぇ~

とまあそれはともかく(笑)。
今日は結局1時間ずっとこんな話で盛り上がって(?)おりました。こういう話を聞く機会ってなかなかないので、よかったかなと思う次第ですね。

041223-1んで夜は、友人宅にお呼ばれしてちょっとしたクリスマスパーティーでありました。久々にケンタッキーフライドチキンを食べて、何となく日本っぽいクリスマスでしたね(笑)。アイスワインなんかも飲んで、いい気分!

クリスマスと言えばケーキ、でもアメリカのケーキはちょっと…ということで、今回も奥さんが頑張って手作りしてくれました。だんだんデコレーションにも凝り始めて、見栄えの方も急上昇中であります(笑)。やっぱり日本人の口にはこういう軽いケーキが合いますね。皆さんにも満足していただけたようで何より。

| | Comments (96) | TrackBack (0)

12/23/2004

ひょんなことからお寿司を

えー、今日は突然のお呼ばれで日本人の友人宅にお邪魔してきました。アメリカ人の友人と寿司パーティーをする予定だったそうなのですが、そのうち数人が急に来れなくなったとのことで、補欠要因として(笑)お呼びがかかったわけです。もちろん、二つ返事で承諾です!

今日の寿司は、サーモン(以前この日記で紹介したものと一緒です)、マグロ(韓国食材店で冷凍物が売っていたそうな)、そしてウナギ(Chicagoの日系スーパーで以前購入したものだそうな)ととっても豪華なものでありました。実際、どれを取ってもなかなか美味でありましたし。いやあ、お相伴に預かれてよかったナリ(笑)

しばしの談笑のあと(主な話題はiPodの話でした(笑))、招待客であるアメリカ人は帰宅されたのですが、その後は日本の友人達(別称:いつものメンバー)といつものごとく雑談。今年の大晦日はこのメンバー(+α)で1泊して年越しをしよう、という話になっているのですが、元日には雑煮を作ろう!という話で盛り上がってしまいました。この中に京都出身の方がいるので、「白味噌仕立てのお雑煮を食べたい!」なんてリクエストも飛んでましたし(笑)。でもまあ、よその地方のお雑煮ってなかなか食べる機会がないので、ちょっと楽しみであります。

ということで、夜9時過ぎに帰宅したのですが、いやあ、外は寒すぎる!実気温は-10℃なのですが、体感気温は-20℃だそうな。何か、数字を見ただけで震えてしまいますね(笑)。

しかし、今週は何だかんだでイベント盛りだくさんです。明日も友人宅でクリスマスパーティーだし、明後日は家族で何らかする予定だし(詳細はまだ決めてないんですけど)。来週は来週で友人の訪問、子供の友達のお誕生会、そして1泊年越しイベント…これにまだ日程が決まってないイベントもあったりするし。うーむ、笑っちゃうほど忙しいなあ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/22/2004

久々の焼肉に感激!

041221-1昨晩は、友人宅で焼肉パーティーでありました。実は、焼肉をしようと思うと最大の難関なのが「薄切り肉をどうやって手に入れるか」なのですが(アメリカではパックして売ってある肉で薄切りってヤツはないのです!)、最近新しく出来たGreen Onionという韓国食材点でプルコギ用の薄切り肉が手に入るようになったのですね。

ということで、久々にホットプレートを囲んでの焼肉だったのですが、

 久々の幸せ! ヽ(´∀`)ノ

いやあ、大人数でこういうものを囲むのって久々だったのですが、やっぱりいいもんですね。タレは既にArlington Heights(Chicago郊外)の日系スーパーでいろいろと仕入れてきていたのですが、彼らもいい仕事をしてくれました。

とまあ、そんなこんなで話も弾み、またしても遅くまでお邪魔してしまいました(おかげで、昨晩は更新する前にダウン…)。

041221-2そうそう、友人の一人が、日本から取り寄せたというお菓子を提供してくれました。その名も「ごまたまご」。黒ごま餡をスポンジで包み、ホワイトチョコでコーティングした一品なのですが、実に美味でありました。久々に和菓子のようなものを食べたのですが、やっぱりいいもんですね。

さて、大人たちが談笑している間、子供達はいつものごとくアンパンマンに夢中だったのですが、しかし冷静になると、何がここまで子供達を惹きつけるのでしょうね。中には、アメリカ人と台湾人とのハーフで、日本語が分からない子もいるのですが、彼もすっかりアンパンマンファンになってますし(笑)。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

12/20/2004

牛さんも浮かれるクリスマス前

いやあ、今日はホント寒かったです。昼間の最高気温が-7~-8℃で、夜11時ちょっと前の現在が-12℃。身も体も引き締まる気がするので、基本的に寒いのは好きなのですが、ここまで寒いとさすがにツライですね。おかげで外に出て何かしようという気持ちが萎えまくってしまい、結局昨日と似たような一日を過ごしておりました。

と言いつつ、昼間はメキシカンレストランでランチを頂き、スーパーやDIYの店に行ってお買い物などなど。クリスマス前最後の週末ということで、道はいつもより混んでいました(特に昨日はすごかった)。学生さんの試験(Final Exam)も終わって、街中はいつもより浮かれモードに入っているのでしょうね。私も来週は2件のクリスマスパーティー(1件は焼肉ですが(笑))が入っていて、ちょっと楽しみ

041219-1さて、浮かれているのは人間だけではありません。ふと、いつも買っている牛乳のパッケージに目をやると、何と、

 牛さんも浮かれ気味 ヽ(´∀`)ノ

でありました(左側が普段のパッケージ、右側がクリスマス限定と思われる)。よーく見ると、製品名も違うし(笑)。この辺の遊び心、なかなか憎いですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

12/19/2004

本日は英語のお話

本日は基本的に家でゆっくり過ごした土曜日でありました。おしまい。

 …って、それだけかよー!ヽ(゚Д゚)ノ

今日の出来事を正確に記述すると、(起床)→(朝食)→(昨日の日記書き)→(ゴロゴロ)→(昼食)→(ちょっと買い物)→(昼寝)→(ゴロゴロ)→(夕食)→(子供と一緒に「魔女の宅急便」を見ながら読書)→(日記書き)で現在に至ります。この無為な過ごし方、あらためて見てみると何とも言えませんね(笑)

とは言いつつ、合間に英語の勉強なんかしたりもしています(どれだけ実を結んでいるかは秘密(笑))。当たり前なのですが、自分で意識して勉強(練習)しないと結局身に付かないことに今さらながら焦りを覚えている訳ですね。

そんな勉強の一環として、「完全版 英語リスニング科学的上達法 -音韻篇」という本に付属しているソフトの"r"、"l"聞き分け訓練をやっています。実はこのソフト、渡米前にもしばらく使っていたのですが、当時はやってもやっても「どこが違うんだか全く分からない」という状態を改善できなかったので、そのまま封印されてしまっていたのです。

しかし、英語の個人レッスンに通い自分の発音を意識し始めたら、何と少しずつ聞き分けが出来るようになってきたのですね。正直、この結果には自分でもビックリ。「自分が発音できない音は聞き取れない」という格言を見るたび「ホントかよー」と思っていたのですが、かなりこの言葉は真実かもしれないな、とひ弱く思ったりする今日この頃(笑)。もちろん、音の聞き分けだけで英語の総合力が急上昇するわけではありませんが、決してムダにはならない努力のような気がします。

ちなみに、昨日英語の個人レッスンの時に先生にも聞いてもらったのですが、「これだけ(文脈がない状態)で聞き分けるのはnativeにも少しtough」とのコメントでした。しかし、「値段も安いし、いいソフト」だと絶賛しておられましたね。

そうそう、現在"American Accent Training"という教材にも手を染めているのですが(笑)、これで初めて知った事実。自己紹介の時によく使う"My name is ***."という表現で、日本人は"name"に強勢を置く人が多いと思うのですが、実は"My"に強勢を置くのがnaturalだそうです("name"に強勢を置く場合は、その後"My address is ***.""My phone number is ***"などと続くことを想像されるそうな)。

確かに、そう言われてみればnativeは"My"に強勢を置いて発音してるなあ(ウチの息子が持っている、喋るおもちゃも同様に発音してました)、と今さらにように思い出す私。しかし、何で日本人は"name"に強勢を置くようになってしまったのでしょう?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

12/18/2004

散髪して、実験失敗して、ダベって、の一日

今朝は、英語の個人レッスンの後、散髪に行ってきました。思い起こせば3ヶ月前、バスルームに立てこもり自分で髪を切ったことが遠い昔のことのようです。ああ、むじょう。(←「無情」の感じ方が少しおかしい)

しかし、髪の切り方の指示って、日本語でも難しいですよね?(なもんで私は、「横と後ろは刈り上げない程度に短くして、上は適当に合わせてください」といつも言っていた)ということで、英語ではなおさら、いつも"I'll leave it to you."とか、"I trust you as a professional."とか言いたくなるのをグッとこらえて、"Just a trim, and thin it out on the side."とか適当に(正しい英語かどうか分かりません(笑))指示を出しています。

本当は、英語の練習も兼ねて、担当してもらった若いあんちゃんといろいろと会話しようと思っていたのですが、何だか髪を切ってもらっている時ってとっても眠くなるんですよね。結局、最初にちょっと話をしただけであとは眠りこけてしまいました。

そんなこんなで1時間後に散髪は終了。長さ自身はさほど短くなっていないのですが、思いっきりすいてもらったのでとってもスッキリしました(それだけ私の髪は太くて多いという証拠)。その分、外の寒さが身にしみるようになってしまいましたが(笑)。

午後は実験室にこもって、またしても電気工事などなど。その途中、とある拍子に配電盤のサーキットブレーカーが落ちてしまい2時間以上実験が中断するというトラブルもあって(配電盤に鍵がかかっていて、ブレーカーを上げるだけなのに専門の部署に連絡しなきゃいけないのですね。さらに、それを学部の事務を通さなきゃいけないってのがまたしても馬鹿馬鹿しく時間がかかるのです…)、実験自身はほとんど進まず。うーむ。

そして夕方は1ヶ月ぶりくらいにJCT(Japanese Conversation Table)に参加してきました。学生さんたちは今日でFinal Examが終わる人が多いので参加者も多いかなと思っていたのですが、逆に参加者は10人程度ととってもコンパクト(すでに皆さん、旅行に行ったり帰省したりしているのでしょうか)。しかも、1人をのぞいてみんな日本人ということで、単なる日本人コミュニティの集会でありました。終了後は場所を韓国レストランに移し、夕食をとりながらさらに雑談。結局、食事が終わってから1時間半も居座って訳の分からない話(笑)に花を咲かせてしまいました。

その後、私と同じく日本の企業から研究員として来ているKooさんと、MBA(ビジネススクール)で来ているAさんと一緒にカフェでさらに雑談。ここでの話題は、Aさんがビジネススクールにいることもあって、企業における組織論や技術経営のありかたなど、真面目な話が多かったかも。結局、閉店の12時までいたので、ここでは2時間以上話していたことになるでしょうか。

そうそう、Kooさんはあと3週間で帰国ということで、何とも感慨深げでありました。こちらで知り合って半年ちょっと、Kooさんとはいろいろと話をして、学ぶことがとっても多かったので、こちらとしても何か感慨深いですね。まあ、日本での居住場所もかなり近いので、日本に帰ってからもお付き合いは続くことでしょう。これからもよろしくお願いします(個人的メッセージ(笑))。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

12/17/2004

「暖かい」イルミネーション

今日は久々に汚れまくった一日でありました。何をしていたかというと、金属やレンガの加工、電気工事などですね。久々に工作の楽しさを堪能した訳ですが、作業自身は予想以上に難航してしまい、予定に対し達成度は70%程度といったところでしょうか。

さて、9/3に自分で髪を切って以来、3ヶ月ちょっとほったらかしにしていたのですが、

 だー! ヽ(゚Д゚)ノ

と叫びたくなるほど鬱陶しくなったので(笑)、エイと思い立って髪を切ることにしました。今度はちゃんとプロに切ってもらおうと思い先日美容院に電話を入れたところ、明日の予約が取れたのですね。これでスッキリと年末を迎えたいところです。

041216-1日本では今年、青と白のクリスマスイルミネーションが流行しているとの記事を読みました。LEDということで、確かに「きらびやか」な感じが強いんでしょうね。もちろん、アメリカでも色とりどりのイルミネーションを見ることが出来ますが(右写真はショッピングモールでの一枚ですが、一般家庭でも気合いを入れて飾り付けをするところが非常に多いです)、どちらかというと「暖色系」が強い色使いのような気がします。この辺、アメリカ人が眩しいのが苦手(アメリカの家ってビックリするほど暗いんですよね)なのと関係があるのかな、なんてふと思ってみたり。

041216-2ちなみに、こちらは昨年末ChicagoのJohn Hancock Centerから撮影した夜景です。何となく、オレンジ系の明かりが統一感があって、「ああ、何か暖かい感じだなあ」と感じたことを思い出します。きらびやかな美しさも確かに捨てがたいのですが、こういう暖かさってのも何だかホッとしていいものですよね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

12/16/2004

「インプット生活」の真実

あー、またしばらく更新を滞らせてしまった!
ここしばらく、「インプット」を中心とした生活を送っていたのですが、「アウトプット」までパワーが向かなかったのです。いかんいかん。反省。

んで最近、何の「インプット」にそんなに時間を費やしていたかというと、実は英語の勉強を兼ねた「テレビ鑑賞」だったのです…

 って、石を投げないでー!ヽ(゚∀゚;)ノ

先日の日記でもご紹介した"The Cosby Show"にすっかりハマってしまい、ビデオに録画して見ているのですが、1回目は字幕なしで、2回目は字幕ありで、それ以降はまた字幕なしで…と何回も繰り返して見ているのですね。番組としてはコメディ(シットコム)なので何回見ても飽きないし、それに比較的分かりやすい、きれいな英語表現が多いので(この辺、個人レッスンを受けている英語の先生のお墨付きです)、なかなかであります。

ということで、毎日英語を勉強していた、と言えば聞こえはいいですが、単にゴロゴロとテレビっ子になっていたここ最近でありました。しかしまあ、こうやって楽しみながら勉強できるってのが語学学習の本当の姿かもしれませんね。

さてさて、最近こちらはすっかり寒い日が続いています。昨日、一昨日は最高気温が氷点下1℃くらいでしたし、今日は多少上がったとはいえ、ようやく4℃でした。もはや毛糸の帽子が手放せません(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/05/2004

アメリカはクリスマス一色

まずは昨晩の話ですが、日本人の友人宅にお邪魔して遅くまで話し込んでおりました(おかげで日記が更新できなくてすみませんでした)。今度はみんなで紅白歌合戦を見ながら(テレビジャパンという衛星放送で放送されるのです)そばでも食べて日本風に年越ししましょう、という話になりました。そう言えば去年はChicagoのホテルで花火を見ながら年を越したなあ…あれはあれで趣があってよかったのですが、やっぱり「らしい」正月を迎えるためには必要な儀式があるんですよね(笑)。

そうそう、先日の日記で「今週末にChicagoのArlington Heightsに行く」と書きましたが、来週に延期することにしました。というのも、週末にいろいろとクリスマス関係のイベントが行われることが分かったためです。今日は、夕方にダウンタウンのWestSide Parkでクリスマスパレードとツリー点灯式があるということで行ってまいりました。

クリスマスパレード夕方5時半開始ということで、その頃には会場(沿道ですね)に到着。寒い中待たされるのはイヤだなあと思っていましたが、パレードは比較的すぐにやって来ました。独立記念日のパレードのイメージがあったので、それなりに大規模なモノを予想していたのですが、思ったよりもこぢんまりとしたもので、15分程度でサックリと終了。でもまあ、夜に見るパレードってのもなかなか乙なモノでありました。

その後、公園の中に移動して、ツリー点灯式を見物。こちらも「町の祭り」感漂う微妙な盛り上がり具合(笑)でしたが、カウントダウンとともにツリーが点灯した時はなかなかでありました。そう言えば、公園の反対側では熱気球がゴーゴー焚かれていましたが、あれは何だったんだろう?(飛び立たないよう、ロープで固定してありました)

クリスマスツリー点灯式謎の熱気球

妙に怖い紙袋最後に、本日の一枚。
この季節、どの店に行ってもクリスマスグッズが数々売られているのですが、時々妙にリアルなデザインのモノがあったりして度肝を抜かれます。こちらはそんな一つ。

 怖いよ…サンタさん ヽ(゚Д゚;)

ちなみに商品は、大きめの紙袋でありました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

12/03/2004

アメリカでもテレビっ子なわたし

いやあ、気付いたら日記を更新しないまま木曜日になってました。ああ…orz
すっごく忙しかった訳ではないのですが、何だかんだドタバタしてしまう師走のあなた(謎)。

それはともかく、あっという間に12月です。もういくつ寝るとお正月、ということで今週末はChicagoのArlington Heightsに行って、日系スーパーでいろいろと買い込もうかな、なんて思っている真っ最中。せっかくだから美味しい日本酒とか買っておきたいところですね。あと、やっぱり外せないのは餅とか。

そうそう、今日の夜、アメリカ版「トリビアの泉」Hey! Spring of Trivia:"Hey!"は「へぇ~」のことと思われる(笑))が放送されていたので見てみました。どういう風に放送されるのか興味があったのですが、基本的にはセリフだけを英訳してそのまま放送されていましたね。ただ、日本人にしか分からないようなトリビア過ぎるモノ(例えば、メガネスーパーの店員は全員メガネをかけている、みたいなヤツ)はさすがに放送できないと思われるので、全世界共通なネタだけを抜き出して30分番組にしているようでした。結構面白かったです。

あと、PUFFYをモデルにしたアニメアメリカで話題になっているようですね。こちらは明日放送なのですが、時間が微妙(Central Timeで6:30pm)なのでビデオのセットをしておこうっと。

と、この勢いに乗って引き続きTVの話など。
英語の勉強にと思って、ここ最近はCNNなどのニュースチャンネルをずっとつけていることが多いのですが、どうしてもニュースの英語って飽きてしまうんですよね。ということでいろいろとザッピングし続けた挙句、最近はNickに落ち着くことが多くなりました。Nickと言うと子供番組のイメージが強いですが、夜はずっとシット・コム(Situation Comedy)をやっていて、見てるとこれが結構面白いんです。若かりし頃のWill Smithが出てくる"The Fresh Prince of Bel-Air"とか、アメリカでは有名なBill Cosbyの代表作"The Cosby Show"とか。ただ、聞き流すことが出来ずついつい画面に見入ってしまうのが玉に瑕、ってトコロもありますが(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« November 2004 | Main | January 2005 »