« January 2005 | Main | February 2006 »

02/12/2005

「文房具」、「コロンビア特別区」を英語で何と言うか?

さて、本日はいきなり問題。「文房具」、「コロンビア特別区」を英語で何と言うのでしょうか?
この2つ、全く関連がないようですが、実は同様の「盲点」を持っているのです。


<解答>

 「文房具」:"stationery"

今や日本でも「ステイショナリー」と呼ぶこともあるので、単語としてはさほど目新しいものではないかと思います。しかし、実は多くの人が"stationary"という綴りだと勘違いしているのではないでしょうか。やっかいなことに、"stationary"は「動かない、静止した」(例えば"stationary satellite":「静止衛星」)という単語になりますのでご注意下さい。


 「コロンビア特別区(D.C.)」:
   "the District of Columbia"

アメリカの首都「ワシントンDC」:"Washington D.C."の"D.C."ですね(西海岸にある、Seattleで有名な「ワシントン州」との混同を避けるため、必ず"D.C."が付けられます)。コロンビア特別区("Columbia"は、冒険家「コロンブス」:"Columbus"に由来すると言われています)は連邦政府直轄の特別区であり、どの州にも属していません。

…と、ここまで読み進めて、「そんなん当たり前じゃん。何が盲点なのよ!」と不思議に思う方も多いでしょう(笑)。実は"the District of Colombia"という綴りだと思っている人が結構多いのです。そしてやっかいなことに、"Colombia"は南米にある国の名前になってしまうのですね(実はこちらの名前も「コロンブス」:"Columbus"に由来すると言われています)。
ということで、ワシントンDCをご訪問の際には、間違って南米に到着しないよう十分ご注意下さい(笑)。

| | Comments (361) | TrackBack (0)

02/01/2005

"driveway"、"throttle"とはどういう意味か?

今日は、思いっきり勘違いしやすい英単語のお話です。
んでさっそく本日の問題。"driveway"、"throttle"とはいったいどういう意味なのでしょうか?


<解答>

 "driveway":「私設車道」

パッと聞くと「高速道路」っぽいイメージの言葉ですが、実は英語では「建物・車庫などから道路までの私設車道」を指します。勘違いしやすいので、TOEICなんかにもよく出てくる単語ですね。また、単に"drive"と言うこともありますが、こうなるとさらに勘違いしやすいのでご注意下さい。


 "throttle":「窒息させる、抑圧する」

「フルスロットル(full throttle)」:「全速力で」という言葉があるので(英語でも同様の意味で使われます)、"throttle"は「燃料をどんどん供給して、ガンガン加速する」といった感じの意味かと思ってしまいますが、実は全く逆の意味なのですね。

"throttle"とは「喉」:"throat"と同じ語源を持ち、もともと「窒息させる」という動詞で、そこから「抑圧する」という意味も派生したと言われています。「フルスロットル」と言った場合の「スロットル」とは、エンジンに燃料を供給する途中に設置された「絞り弁(throttle valve)」のことで、「フルスロットル」とは「絞り弁を一杯に開く」ということから、上記のような意味になるのですね。

| | Comments (497) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | February 2006 »