« August 2004 | Main | October 2004 »

09/30/2004

「コンセント」を英語で何と言うか?

渡米直後の話。会議室でプレゼンテーションの準備をしていて、プロジェクターの電源を確保する必要があったのですが、どこに「コンセント」があるか分かりません。しかし、「コンセント」を英語で何と言うか分からず和製英語だという事実は知っていた)、電源コードをブラブラさせながら"Where?"とかゴニョゴニョ言って何とか通じたという苦い経験をしました。そんな悲しい目に遭わないために(笑)本日の問題。「コンセント」を英語で何と言うのでしょうか?


<解答>

 「コンセント」:"outlet(米)、socket、power point(英)"

これ以外にも、"receptacle"という表現もあります。「コンセント」という呼び方は、日本のある電気技術者があの部分に"concentric plug"("concentric":「同心円の、中心を共有した」)という名前を付けたことに由来するという説が有力ですが、なぜ"concentric"なのかは分かりません(笑)。ちなみに、英語で「コンセント」というと、"informed consent"などで使う"consent":「同意、承諾」という意味になってしまいますのでご注意下さい。

電気つながりでもう一つ。「ヒューズ」と呼ばれる部品があります。これは、過電流が流れると中の金属部品がジュール熱で加熱され溶解し電気を遮断する役割を果たします。んで、実はこの"fuse"という単語、「(金属などを)溶解する」という動詞"fuse"が転用されたものなのですね。ちなみに、現在家庭で過電流を遮断するのは「(サーキット)ブレーカー」:"circuit breaker"が一般的なのですが、いまだにウチの親は「ヒューズが飛んだ」と言います(笑)。

| | Comments (314) | TrackBack (0)

09/29/2004

"puppy""kitten"とはどういう意味か?

えー、今日はテーマを先に言ってしまうとつまらないので、有無を言わさずいきなり質問です(笑)。
"puppy"、"kitten"とはどういう意味でしょうか?


<解答>

 "puppy":「子犬」 "kitten":「子猫」

日本語が魚に関する言葉が豊富なように、英語には動物に関する言葉が豊富に存在します。特に、このような小さい動物の呼び名が本当にいろいろとあるのですね。これ以外には、「子羊」:"lumb"「子馬」:"foal"「子豚」:"piglet"「子牛」:"calf"「子ギツネ」:"cub"(熊やライオンの子供にも使われる)、「ヒヨコ」:"chick"(chickenの省略形と言われている)などが挙げられます。

また、子供が使うような親しみを込めた表現として、語尾を"y""ie"にすることがあります(上記の"puppy"も「ワンワン」といった感じの語感ですね)。例えば、"birdie":「鳥さん」"bunny":「うさちゃん」、そして"baby":「赤ちゃん」(元々は"babe")もその仲間です。あと忘れてはいけないのは、上記"kitten"から派生した"kitty":「子猫ちゃん」。そう、「キティちゃん」の名前の由来ですね。ちなみに、「名犬ラッシー」の"Lassie"も、「娘」:"lass"+"ie"="lassie":「お嬢さん」がその名前の由来と言われています。確かに、「名犬ラッシー」って雌のコリー犬でしたね。

| | Comments (234) | TrackBack (0)

09/28/2004

"That's it."とはどういう意味か?

渡米して生の英語に触れると、みんな思ったよりも簡単な単語を使って話していることに気付きます。しかし、「簡単な単語」だからといって侮ってはいけません。むしろ、簡単な単語を組み合わせた「口語」の方が意味を取れないケースが多いのですね。ということで、本日はそんな一例を。ファーストフードなどで並んで待っていると、注文をしている人が"That's it."といっている場面によく出くわします。さて、この"That's it."という文は何を意味しているのでしょう?もちろん、「アレがソレ」なんて、禅問答みたいな意味ではありませんよ(笑)。


<解答>

 "That's it.":「これでおしまいです、それだけです」

要は、注文の最後に「以上です」という場合によく用いられます。我々にイメージしやすいのは"That's all.":「以上です」という表現だと思うのですが、私の経験から言うと、"That's it."を使う人は非常に多いです。なお、"That's it."には他に「よしよし、それでいいぞ」といった意味でも使用されます。

 "Slowly...slowly. Yeah, that's it."
 「ゆっくり、ゆっくり、よーし、それでいいぞ」

これと似た表現で、"This is it."というものもあります。こちらは、期待していたことが起こりそうな時、つまり「いよいよだ」といった意味で使用されます。

 "This is it, boys, the moment we've been waiting for."
 「さあみんな、いよいよこの時が来たぞ」

| | Comments (140) | TrackBack (0)

09/27/2004

"rain or shine"とはどういう意味か?

先日、息子と幼稚園で同じクラスの女の子の誕生日パーティーに招待されたのですが、その招待状の中にこんな一文が含まれていました。

 From: 10:00 a.m. - noon (rain or shine)

さてここで問題です。"rain or shine"とはどういう意味でしょうか?なお、このパーティーの会場は農場でした。


<解答>

 "rain or shine":「晴雨を問わず」

要は、「雨天決行」という意味ですね。そこから発展して、「何があっても」という意味にもなります(例えば、"We'll be there - rain or shine.":「何があってもそこに行きます」)。
なお、「(イベントなどが)雨天中止(延期)になる」というのは"be rained out (/off)"という表現があります。

ちなみに、屋外のスポーツイベントなどが雨天順延(中止)になった時に、後で同条件で使えるチケットのことを"rain check"と言うのですが、ここから転じて、"take a rain check"「今回はパスだけど、また誘ってね」という意味にも使われます。

 "Care for a drink?" "I'll take a rain check, thanks."
 「飲みに行かない?」「ゴメン、今日はダメ。また誘って!」

| | Comments (1238) | TrackBack (0)

09/26/2004

"Blvd."、"Cir."、"Dr."とは?/アメリカの住所の読み方

アメリカに来るまでは、こちらの住所表示にどうしても馴染むことが出来ませんでした。しかし、慣れてみると日本よりはるかに分かりやすくて便利なんですよね。ということで、まずは本日の問題。住所の中によく出てくる、"Blvd."、"Cir."、"Dr."とはどういう意味なのでしょうか?


<解答>

 "Blvd."="Boulevard":「大通り」

 "Cir."="Circle":「環状道路、ロータリー」

 "Dr."="Drive":「街道」

ちょっとムリヤリ日本語にしていますが、要は"Avenue(Ave.)"や"Street(St.)"、"Road(Rd.)"などと同様に通りの名前に付けるものです。

とここで、ついでにアメリカの住所の読み方など。
ご存じかと思いますが、アメリカの住所は日本とは逆に「番地」から書いていきます。一例として、イリノイ大(UIUC)の学生会館、Illini Unionの住所を挙げます。

 1401 W. Green St.
 Urbana, IL 61801

これを日本風に読み解くと、

 郵便番号(Zip code)61801
 イリノイ州(略号:IL)
 Urbana市
 Green通り沿い
 起点(通常、街の中心付近に設定してある)から西側("W."="West")
 1401番地

となります。更に、"Green St."の前が"W."なので、この通りは東西に走っていることも分かります("N."、"S."だったら南北方向ですね)。そして何と、番地が奇数なので、その通りの南側にあることまで分かってしまうのです(通常、番地が奇数だと通りの南側か西側に、偶数だと通りの北側か東側になります)。この分かりやすさ、道が複雑に入り組んだ日本では考えられないことですね。

| | Comments (816) | TrackBack (0)

09/25/2004

「ベビーカー」「ベビーベッド」「よだれかけ」を英語で何と言うか?

今回は、子連れで英語圏を生き延びるために必須な英単語をご紹介します。ということで、さっそく本日の問題。「ベビーカー」「ベビーベッド」「よだれかけ」を英語で何と言うのでしょうか?「ベビーカー」「ベビーベッド」は一見英語のようですが、実はこのままでは意味が通じないのです…(ニュアンスで何となく伝わるかもしれませんが)


<解答>

 「ベビーカー」:"stroller(米)"、"pushchair(英)"

"stroll"とは「ぶらつく、散歩する」という動詞です(「散歩」という名詞にもなります)。


 「ベビーベッド」:"crib(米)"、"cot(英)"

アメリカでホテルの予約をする時、子供がいると伝えると必ず「cribは要るか?」と聞かれます。そういえば、最初は何のことか分からず呆然としたなあ。(´∀`A;)


 「よだれかけ」:"bib"

ちなみに、日本では「よだれかけ」のことを「スタイ」を言いますが、英語圏で「スタイ」と言っても通じません。この「スタイ」の語源について調べたところ、外国のあるよだれかけメーカーの名前、もしくはある商品名が「スタイ」で、それが日本ではよだれかけの一般名称として定着したという説が有力そうですが、webで調べまくった限りその裏付けを取ることができませんでした。だいたい、「スタイ」の綴りからして分からない…ヽ(゚∀゚)ノ

| | Comments (349) | TrackBack (0)

09/24/2004

"/"を英語で何と言うか?

以前、"*":"asterisk""#":"pound key(電話のボタン)"など、記号の読み方を取り上げましたが、今日はその続編です。割り算や日付表示、はたまた"km/h"(時速何km)などと様々なところで使用される"/"という記号、これは英語でいくつかの呼び方を持っています。さて、"/"は英語で何と呼ばれるのでしょう?


<解答>

 "/":"slash"、"oblique"、"solidus"

"slash"は日本でもすっかりお馴染み(URLを読み上げるとき、「ダブリューダブリューダブリュードットニフティドットコムスラッシュ…」なんて言いますよね)だと思うのですが、残りの2つはあまり知られていないと思います。

"oblique"は「斜線」という名詞以外に、「斜めの」という形容詞の意味も持っていて、「(三角形の)斜辺」:"oblique line"なんて表現でよく使用されます。ちなみに、直角三角形の斜辺は特に"hypotenuse"という言い方をしたりします。

"solidus"とはもともとローマ帝国の金貨の名前で、イギリスの貨幣「シリング」:"shilling"(30年ほど前までポンドとペンスの間の単位として使用されていた)はそこから名前が付いたと言われています。そして、シリングの省略記号は"s"だったのですが、それがいつのまにかまっすぐに伸びて"/"になったため(例えば「3シリング6ペンス」:"3/6")、"/"という記号が"solidus"と呼ばれるようになったようです。
ちなみに、"solidus"には「固相線」というマニアックな意味もありますが…それはいいですね(笑)。

| | Comments (434) | TrackBack (0)

09/23/2004

"The game was called."とはどういう意味か?

アメリカに来て悟ったこと。それは、「簡単な」表現を使いこなすことが英語のポイントだな、ということです。例えば、"have"、"use"などの「簡単な」動詞を上手く使いこなすと、何となくネイティブっぽいな、なんて偉そうに思ってみたり(笑)。
しかしこういう動詞は、逆に言うといろいろな意味を持っているので、意味の取り違いには注意が必要です。ということで、今日はそんな動詞の一つ、"call"に関して一席。まずは本日の問題、"The game was called."とはどういう意味になるでしょうか?「ゲームは呼ばれた」なんて意味ではないのコトよ(笑)。


<解答>

 "The game was called."

   :「その試合は(日没、雨などで)中止になった」

"call"とは元々「大声で合図を送る」といった意味合いを持っていますので、「(審判が合図を送って)中止を宣告する」という意味にもなるのですね。・・・そう、お気付きの方もいらっしゃるでしょう。野球などの「コールドゲーム(called game)」は"call"のこの用法なのです。"cold game"ではないのですね。

これ以外の注意すべき用法としては、"I'll call on you later.":「あとであなたの所に寄ります」があります。何となく「あとで電話するね!」と勘違いしそうですね。(ちなみに、「電話するね!」は"I'll call you (up) later."など)

| | Comments (189) | TrackBack (0)

09/22/2004

"moody""handy"とはどういう意味か?

今日は、日本語と英語とで意味が異なる英単語の話です。日本語ではよく、雰囲気がいいことを「ムーディー」、手のひらサイズのコンパクトなものを「ハンディ」という表現をしますが、英語ではいずれもそういう意味は持っていません。ということで本日の問題。"moody""handy"とは英語ではどういう意味になるのでしょうか?


<解答>

 "moody":「気まぐれな、不機嫌な」

"mood"という単語は、日本語でも言うような「ムード、雰囲気」という意味もあるのですが、「不機嫌、むら気」という意味も持っていて(この場合は通常"moods"と複数形になります)、それが形容詞化したものが"moody"と言われています。「ムードのある音楽」と言いたくて"moody music"と言ってしまうと、「物悲しくさせる、淋しい音楽」という感じのニュアンスになってしまいますのでご注意ください(「ムードのある音楽」:"atmospheric music"など)。

 "handy":「便利な、器用な、手近な」

この形容詞は確かに"hand"が基本になっているのですが、"useful"といった感じの意味しか持っていません。「手のひらサイズの」と言いたい場合は、"palm-sized"("palm":「手のひら」)という形容詞を使うようです。

| | Comments (318) | TrackBack (0)

09/21/2004

「ピンぼけ」を英語で何と言うか?

デジカメの利点は、その場で撮った写真を確認できるところにあります。そう言えば銀塩写真の頃は、現像してみたら思いっきりピンぼけでガッカリしたこともありましたね。
・・・とまあ前フリはここまでにして(笑)、本日の問題です。「(写真の)ピンぼけ」のことを英語で何と言うのでしょう?ちなみに今回のポイントは、「ピント」を何と言うかです・・・えっ?"pint"じゃないの、って?さて、どうでしょう。ヽ(´∀`)ノ


<解答>

 「(写真の)ピンぼけ」:"(be) out of focus"

「ピント」というのは実はオランダ語("punt")で、英語では"focus"を使います。「ピントが合う」方は"(be) in focus"という表現だそうな。なお、「(会話などの)ピントがずれる」ことは"(be) off the point"、「ピントが合う(要を得た)」ことは"(be) to the point"という表現を使います。

ちなみに、英語で"pint"と言った場合は、液量の単位になります(読み方は「パイント」)。なお、2pint=1quart(「クォート」)、4quart=1gallonです。ここで、1gallonはアメリカでは3.7853リットル、イギリスでは4.546リットルですので・・・そうです、1pintもアメリカでは0.473リットル、イギリスでは0.568リットルと異なる量を指すのです!ああ、面倒くさい(笑)

| | Comments (187) | TrackBack (0)

09/20/2004

"How many fingers do you have?"の答えは?

さて、今日はいきなり問題です。"How many fingers do you have?"と聞かれたら、どう答えるのでしょう?「えっ、『指』は10本でしょ・・・って、引っかからないぞ。足の『指』もあるから、合わせて20本だ!」・・・日本語だったらそれで正解かもしれませんが、"How many fingers"という英語の質問の答えとしては実は不正解なのです・・・


<解答>

 "How many fingers do you have?" "I have eight fingers."

実は"finger"と言った場合は普通、手の指の(足の指は全て"toe"と呼ぶ)、しかも親指を除いた8本のみ(手の親指は"thumb")を指すのですね。なので、人差し指から小指の各指を区別する場合は順に、"first finger"(人差し指)~"fourth finger"(小指)と呼んだりします。ということは、「フィンガー5」は本当は片手ではできないのですね(笑)。

ちなみに、各"finger"には上記以外の表現もあって、「人差し指」:"index finger"「中指」:"middle finger"「小指」:"little finger"は英語も日本語もほぼ同じですが、「薬指」:"ring finger"だけはちょっと異なります。しかし、「"third finger"には不思議な力があるため、『薬(病気の治療)』に使ったり、『"ring"(魔法の象徴)』をつけたりする、なので基本的には語源は同じだ」、という説もあったりします。面白いですね。

なお、"I'm all thumbs."と言った場合、「わたしは不器用だ」という意味になります。親指は動きが鈍く、細かい作業に向いていないため、こういう表現をするのですね。

| | Comments (3926) | TrackBack (0)

09/19/2004

"r"と"l"の違い:「レース」「ロケット」はどういう意味か?

よく言われることですが、日本人は"r"と"l"の区別(言うほうも、聞くほうも)が得意ではありません。そのため、"rice"(お米)と"lice"(しらみ"louse"の複数形)の間違いなどといった笑い話も数多く存在します。そこで本日の問題。「レース」「ロケット」は、"r"と"l"の違いで2種類の英単語が存在するのですが、それぞれどういう意味になるのでしょう?


<解答>

 「レース」

  "race":「レース(競争)」「人種(「競争」とは語源が異なる)

  "lace":「レース(カーテンなどに使う薄い布)、ひも」
        ※例えば、"shoelace":「靴ひも」

 「ロケット」

  "rocket":「ロケット(宇宙などへ行く飛行体)」

  "locket":「ロケット(写真などを入れた金属製ペンダント)」
        ※「"lock"するための金具"latch"の古フランス語"locquet"」より

使用例としては、「カーレース(rece)」「レース(lace)のカーテン」「ロケット(rocket)エンジン」「♪~俺の送った銀のロケット(locket)~♪(by チェッカーズ)」といった感じでしょうか。

これ以外では、「ウェブサイトのリンク(link)」「スケートリンク(rink)」「ポークリブ(rib)サンド」「ウーマンリブ(lib)」などが挙げられます。ここに挙げた単語はいずれもカタカナ語として日本で通用するだけに、英語で言う場合は"r"と"l"の区別に注意が必要ですね。

| | Comments (6273) | TrackBack (0)

09/18/2004

「ナルシスト」を英語で何と言うか?

いつもいつも鏡を見てウットリしている人のことを「ナルシスト」と言います。この言葉はギリシャ神話の一つ、水に映った自分の姿に恋し溺死した青年ナルシスに由来する言葉と言われていますが、さてここで本日の問題。「ナルシスト」を英語で何と言うでしょう?えっ、"narcist"でしょ、って?それでも通じなくはないのですが、本当はちょっと違うのですよ・・・


<解答>

 「ナルシスト」:"narcissist"

読み方をカタカナで書くと、「ナルシシスト」なのです。実は、日本でナルシスと呼ばれている青年の名前は"Narcissus"(ナルシサス)なので、"narcissist"と舌を噛みそうな呼び方になってしまうのですね。ちなみにこの青年、溺死して水仙の花に化したと言われているため、水仙のことを英語ではそのものズバリ、"narcissus"と言います。

ギリシャ神話つながりでもう一つ。何らかを知らせるために鳴り響く「サイレン」:"siren"、これは近くを通る船を美しい歌声で誘い寄せて難破させたという海の精"Siren"がその語源と言われています。なので、日本で「サイレン」というと「危険、うるさい」と悪いイメージしかないのですが、英語で"siren"と言うと「魅惑的な美人」や「美しい歌手」のことも指すのでした。

| | Comments (245) | TrackBack (0)

09/17/2004

「ブロマイド」:"bromide"とはどういう意味か?

皆さんは「ブロマイド」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?これは、人気芸能人やスポーツ選手などの小さな肖像写真のこと(マルベル堂さんが有名ですね)なのですが、本来「ブロマイド」:"bromide"とはこのような肖像写真を指す言葉ではありません(中には、間違って"promide"と呼ばれている方もいらっしゃるようです)。
さて、"bromide"とは一体どういう意味なのでしょう?


<解答>

 "bromide":「(臭化銀などの)臭化物」

原子番号35番に「臭素」:"bromine"と呼ばれる物質がある(なので元素記号が"Br")のですが、この物質の化合物の総称が"bromide"です。感光層に臭化銀(Silver Bromide)が主材料として使用された、"bromide paper"と呼ばれる印画紙を使った写真のことをいつしか「ブロマイド」と呼ぶようになったようです。

ここで、印画紙の原理について簡単に。
臭化銀(AgBr)は光に当たると容易に銀イオン(Ag+)になりますので、印画紙の光の当たった部分だけに銀イオンが出来ます。その後、現像液(ハイドロキノンなど)で銀イオンを還元して銀粒子として、臭化銀だけを溶かす定着液(チオ硫酸ナトリウムなど)に入れると、光の当たった部分にだけ銀粒子だけが残り、それが写真となります。

ちなみに、写真のフィルムも基本原理は一緒で、臭化銀やそれに似た性質を持つ塩化銀などが感光剤として使用されます(カラーフィルムはさらに感光色素などが入っています)。このため、フィルムで撮影した写真を一般に「銀塩写真」(銀塩:臭化銀や塩化銀などの総称)と呼ぶのですね。

| | Comments (4024) | TrackBack (0)

09/16/2004

「(レストランなどの)子供用補助椅子」を英語で何と言うか?

boosterhigh chairアメリカに来て驚くのは、子連れに対する環境の良さです。女子トイレだけでなく男子トイレにもオムツ交換台が設置してあることが多いですし、バスや電車などで多くの人が席を譲ってくれます。そして、レストランに行くと必ずと言っていいほど、足の長い背の高いイスタイプのもの(左写真)と、椅子に乗せて高さを上げるタイプのもの(右写真)と2種類の子供用補助椅子が完備されています。
実はこれらの名前は子連れ渡米時の必須英単語です。というのも、必ず、「××と××、どちらがいいですか」と聞かれることになるので、名前を知らないと答えに窮してしまうのですね(私は最初そうでした(汗))。ということで、本日の問題。これらの「子供用補助椅子」を英語で何と言うのでしょう?


<解答>

 「背の高いタイプ(左写真)」:"high chair"

 「高さ調節タイプ(右写真)」:"booster (chair [/sheet])"

レストランなどでは、必ずと言っていいほど"Do you need a high chair, or a booster?"と質問を投げかけられます。どちらか希望がある場合ははっきり伝えればいいですし、どちらでもいい場合は"Either will do."などと答えればお店の人が空席状況などから適当に判断してくれると思います。

ちなみに、そこそこ大きい子供向けの「車用チャイルドシート」も"booster"呼ばれます。そういえば、この単語も知らなかったので、渡米直後に「チャイルドシート」を購入しに行った時に店員さんに通じなくて困った記憶があるなあ・・・(^^;)ヾ

| | Comments (727) | TrackBack (0)

09/15/2004

"spell"とはどういう意味か?

英語で文章を書いていると、「あれっ、ここって"l"だっけ、それとも"r"だっけ・・・スペル(綴り)が分かんないなー」と思うことがあります。しかし、英語で"spell"という名詞は「綴り」という意味は持っていないのです。さて、一体どういった意味になるのでしょう?


<解答>

 "spell":「呪文、魔法、魅力」

"How do you spell the word?"というように、"spell"は「綴る」という動詞の意味しか持たず、「綴り」という名詞を言う場合は"spelling"という言葉を使用します。「正しい綴りを知ってるよ!」のつもりで、"I know the correct spell."と言ってしまうと、「正しい『呪文』を知ってるよ!」となってしまいますのでご注意ください(笑)。
※なお、「交代(の仕事)、しばしの間」という意味を持つ"spell"という名詞もあります。

ちなみに、魅力的という意味で「チャーミング」という言葉を使うことがあります。英語でも"charming"と言うのですが、これから"ing"を取った"charm"という言葉は、「魅力、魔法、呪文」と、"spell"とほぼ同じ意味を持つ名詞となります(「魅了する、魔法をかける」という動詞にもなります)。ある人に「魅了」されるってことは、その人の「魔法」にかかった、ってことになるのですね(笑)。

| | Comments (289) | TrackBack (0)

09/14/2004

"commentator""presentator""spectator"のうち、英語として存在しないのはどれか?

さて、本日は誤って広まってしまった英単語の話です。
"commentator""presentator""spectator"と3つの似たような単語がありますが、この中に英単語として存在しないものがあります。さて、それは一体どれでしょうか?


<解答>

 存在しない英単語:"presentator"

"commentator":「論評者、解説者」"spectator":「観客、見物人」というのはれっきとした英単語なのですが、"presentator"というのは調べた限りどの辞書にも載っていません。しかしこの「プレゼンテーター」という言葉、日本では結構目にしたり耳にしたりしますよね?おそらく、"presenter":「(賞などの)贈呈者、(テレビ、ラジオの)司会者」のつもりで使われるケースが多いと思うのですが、"presentation":「贈呈、発表」や"commentator"などと混同されてしまったのでしょうか。

・・・とここまで書いて、本当に"presentator"という言葉がないかGoogleで検索してみたところ、"nl"というドメインで数多くのサイトが引っかかってきました。「このドメインはどこナリ?」と調べてみると、なんとオランダ(the Netherlands)。そして、Wikipediaというフリー百科事典のオランダ版を見ると、どうも"presentator"は英語の"presenter"と同じ意味のようです(オランダ語が読めないのである程度推測も入っていますが(^^;)。

ということは・・・日本で言う「プレゼンテーター」はオランダ語からの転用、という説もあるのでしょうか??
詳しい方がいたらぜひ教えてください!

| | Comments (149) | TrackBack (0)

09/13/2004

「プッシュホン」「フリーダイヤル」「ナンバーディスプレイ」を英語で何と言うか?

昨日に引き続き、英語圏で通用しない「英語もどき」のお話です。実は、「電話」関係にもこういう言葉が数多く溢れているのですね。ということでさっそく本日の問題。「プッシュホン」「フリーダイヤル」「ナンバーディスプレイ」を英語で何と言うのでしょう?


<解答>

 「プッシュホン」:"touch-tone phone"
  ※もともとはAT&T社の商標ですが、現在では一般的な言葉となっています

 「フリーダイヤル」:"toll-free call(米)、freephone(英)"

 「ナンバーディスプレイ」:"caller ID"
  ※「フリーダイヤル」「ナンバーディスプレイ」はNTTの登録商標です

ついでに、電話のボタン(キー:key)の呼び方について一つ。
"*"ボタンが「アスタリスク」:"asterisk"という名前なのはだいぶ日本でも定着した感がありますが、意外と知られていないのが"#"ボタンの呼び方です。

日本では、音楽記号からの転用で「シャープ」と呼びます(音楽記号としては英語でも"sharp")が、英語ではこのボタンは"pound key(米)、hash key(英)"と呼ばれます。私自身、渡米直後はこの表現を知らなくて、ある所に電話したときに自動応答メッセージでいきなり"Please press the pound key."と言われて「???」となった経験があります。この表現はホント意外な盲点ですね。

| | Comments (700) | TrackBack (0)

09/12/2004

「ハンドル」「フロントグラス」「クラクション」を英語で何と言うか?

日本で使っている「自動車用語」で、英語圏では通じないものが結構あります。海外在住者はもちろんですが、日本に住んでいても海外旅行でレンタカーを借りたりする機会もあると思いますので、これらの「英語」を正しく理解しておくことは必要かと思います。ということで、その代表例が本日の問題です。「ハンドル」「フロントグラス」「クラクション」を英語で何と言うのでしょう?


<解答>

 「ハンドル」:"(steering) wheel"
  ※"handle"だと、何かの「取っ手、柄」という意味になります

 「フロントグラス」:"windshield(米)、windscreen(英)"
  ※"front glass"は代表的な和製英語です

 「クラクション」:"horn"
  ※"Klaxon"は、その昔パトカーなどに使用されていた警笛の商標名
   現在では、日本のように警笛そのものを指すことはないようです

これ以外の代表例としては、「バックミラー」:"rearview mirror"「エンスト(エンジンストップ)」:"engine stall [/failure]"「サイドブレーキ」:"handbrake"が挙げられます。

なお、以前日記で「『ナンバープレート』は和製英語だ」と思いっきり断言しましたが、実はイギリス英語では"number plate"と言うようです("license plate"はアメリカ英語)。この場を借りてお詫び致します。m(_ _)m

| | Comments (400) | TrackBack (0)

09/11/2004

"trump"とはどういう意味か?

みなさん必ず一度は遊んだことがある「トランプ」。カジノなどでも見かけるように、当然「トランプ」は英語圏の世界にもある訳ですが、実はあのカードのことを"trump"とは呼びません。さて、英語で"trump"と言うとどういう意味になるのでしょう?


<解答>

 "trump":「(トランプの)切り札、(転じて)最後の手段」

"trump"とは、ブリッジなどで各ゲームごとに決められる一番強い「切り札」のことを指す言葉で("trump"の語源は"triumph":「勝利、征服」の変形と言われています)、それが転用され「最後の手段、奥の手」という意味にも使われています。
なぜ日本ではカード自身を「トランプ」と言うかですが、その昔カードゲーム中に外人がよく"trump!"と言いながら切り札を切っていたため、それがカード自身の名前と勘違いされ誤用されたという説が有力です。なお、カード自身は英語では"playing card"と言います。

ちなみに、1のカードを"ace"と言いますが、2のカードにも同様に特別な名前があります。それは、"deuce"です。そう、テニスなどで途中で同点になったときの名前と同じですね。実は、テニスなどの"deuce"は、勝利まであと「2」点必要だからそう呼ばれているそうで、結局「2」という意味では共通なのですね。

| | Comments (515) | TrackBack (0)

09/10/2004

ソフトクリームの「コーン」の綴りは?

さてさて、昨日に引き続き「コーン」の話です(笑)。ソフトクリームといえば、サクサクッとした「コーン」が付き物ですが、この「コーン」は英語でどのように綴るのでしょうか?話の流れ上、昨日と同じ"corn"ということはなさそうですが・・・(笑)


<解答>

 「(ソフトクリームの)コーン」:"cone"

この"cone"は、「円錐形」という意味です(工事現場などで見かける円錐状のヤツも「コーン」です)。今では下(円錐の頂点)が切れた「コーン」もよく見かけますが、円錐形のものが元祖なのですね。なお、日本で「コーン」と言えば日世株式会社ですが、そこのウェブサイトによると「コーン」の原材料は小麦粉だそうです。「コーン」だからといって、「とうもろこし」が原料ではないのでした。(ただ、昨日分を踏まえるとある意味"corn"が原料ですが(笑))

形つながりで一つ。「円錐」:"corn"に対し、「角錐」は何と言うでしょう?角錐の代表的な形と言えば・・・そう、"pyramid"です。ただ、エジプトのピラミッドは「四角錐」ですが、"pyramid"と言った場合は「角錐全般」を指し「三角錐」:"triangular [/trigonal] pyramid"「四角錐」:"quadrangular [/square] pyramid"などと言うそうです。

| | Comments (433) | TrackBack (0)

09/09/2004

「コンビーフ」を英語で何と言うか?

皆さん、「コンビーフ」という食べ物をご存知かと思います。あの、台形の缶詰に入っていて、妙にパサパサしたアレですね。んで、ふと冷静にその名前を見ると「『ビーフ』は分かるけど、『コン』って何だよ!」という疑問が湧いてきます(笑)。『コン』とは英語なのか日本語なのか、それとも別の国の言葉か・・・ということで本日の問題。「コンビーフ」を英語で何と言うのでしょう?


<解答>

 「コンビーフ」:"corned beef"

"corned"とは「(保存用に)塩漬けされた」という意味になります。

この言葉を見て、"corn"、さらに「とうもろこし」を思い出された方もいるかもしれません。実は、"corn"とは「小さな粒、穀粒」という意味を持っていて、塩漬けに使っていた塩がいわゆる「粗塩」であったため"corned"と呼ばれるようになったそうです。さらに言うと、もともと"corn"とは「その地方の主要穀物」という意味で、アメリカやカナダ、オーストラリアではご存知の通り「とうもろこし」を指しますが、イギリスでは「小麦」、スコットランドなどでは「オート麦」を指す言葉なのです。日本人は"corn"というと「とうもろこし」を思い浮かべますが、実は出身地によって意味が様々だったのですね。

そして、なぜか日本では料理名から"ed"が省略される傾向があります。以下の言葉も同様の例です。
 「スクランブルエッグ」:"scrambled egg"
 「スモークサーモン」:"smoked salmon"
 「マッシュポテト」:"mashed potato"

| | Comments (1351) | TrackBack (0)

09/08/2004

「天動説」を英語で何と言うか?

今や、太陽の周りを地球が回っていて、その周りを月が回っているというのは常識となっていますが、その昔は、地球は動かず、太陽や月などその他の天体が周りを回っている「天動説」という考えが正しいとされていました。さて、単刀直入に本日の問題。「天動説」を英語で何と言うのでしょう?


<解答>

 「天動説」:"geocentric theory [/system]"

"geo-"という接頭語は「地球、土地」という意味を持つため、"geo(地球)"+"centric(中心の)"="geocentric(地球中心の)"となります。日本語では「天が動く」ことを表し、英語では「地球が中心である」ことを表すのですね。

この"geo-"という接頭語、以下のような様々な学問の名前に使用されています。
 "geo(地球の)"+"graphy(記述)"="geography(地理学)"
 "geo(地球の)"+"metry(測定法)"="geometry(幾何学)"
 "geo(地球の)"+"logy(学問)"="geology(地質学)"

ちなみに、「地動説」を英語で言うと、"helio(太陽)"+"centric(中心の)"="heliocentric(太陽中心の)"という言葉を用いて、"heliocentric theory [/system]"と言います。

なお、これらの説を発展させた科学者の名前を取って、「天動説」:"Ptolemaic theory [/system]"(紀元前2世紀の天文学者プトレマイオス"Ptolemy")、「地動説」:"Copernican theory [/system]"(15~16世紀の天文学者コペルニクス"Copernicus")とも呼びます。

| | Comments (68) | TrackBack (0)

09/07/2004

"maiden name"とはどういう意味か?

留学等で渡米すると、当然ですがいろいろな事務手続きが必要です。そんな時、書類の中に意味の分からない単語を見つけるとドキドキしてしまうんですよね。「これを間違って書いたら、とんでもないことが起きるんじゃ・・・」みたいな(笑)。ということで、今日はそんな時によく見かける単語。"maiden name"とはいったいどういう意味なのでしょう?


<解答>

 "maiden name":「旧姓(女性の結婚前の性)」

クレジットカードの申し込み等で、「母親の旧姓」を書く欄って結構あるんですよね(あとで本人確認のために使われることがあるため)。そして、その英語の意味は分かっても、「あれっ、ウチの母親の旧姓なんだっけ・・・」と別の意味でドキドキしたり(笑)。
なお、"maiden"とは「未婚の、初めての、処女の」という意味ですが(例えば、"maiden flight":「処女飛行」)、競馬で"maiden"と言えば「一度もレースに勝ったことがない馬、未勝利馬」という意味になります(←普通の人には全く必要のない知識)。

ちなみに、お手伝いさんという意味で「メイド」(maid)という言葉を聞かれたことがあるかと思いますが、この"maid"は"maiden"を短縮したものといわれています。その語源としては、『"maiden"という言葉は「主(あるじ)に忠誠を尽くす者」という意味を持っているから』、『その昔、メイドとして奉公に出ていたのは若い女性だったから』、など諸説あるようです。

| | Comments (1247) | TrackBack (0)

09/06/2004

乾電池の「単××」を英語で何と言うか?

渡米に際してよく分からなかったことの一つ。家庭用の電圧が異なる(日本が100Vに対してアメリカは120V)ことは知っていたのですが、乾電池が日本とアメリカで共通かが分かりませんでした。こちらに来て調べてみると、基本的な規格は共通であることが分かったのですが、その種類(日本で言う「単××」)の呼び方が全く異なることが分かりました。さて、乾電池の「単××」は英語で何と言うのでしょう?


<解答>

 「単1」:"D" 「単2」:"C" 「単3」:"AA"

 「単4」:"AAA" 「単5」:"N"

元々は4種類の電池があって、それらを小さい順に"A"、"B"、"C"、"D"と呼んでいたようなのですが、いつ頃からか"A"より小さい電池が生まれ、"A"より前のアルファベットがないので便宜上"AA"、"AAA"と名付けたようです("A"および"B"電池は消えてしまった訳ですね)。ではなぜ、それより小さい「単5」を"N"と呼ぶのか? それは・・・調べてみたけど分かりませんでした・・・まあ、何にせよ一つ言えるのは、日本のような表記の方が紛らわしくない気がします。

ちなみに、日本ではなぜ「単」という言葉を使うかというと、「一つの電池セル」から出来ている「単電池」だからです。よく見る角型の電池は、単電池を直列に組み合わせた積層(複層)電池になります。なので電圧が9Vと高いのですね(単電池は1.5V)。

| | Comments (1845) | TrackBack (2)

09/05/2004

"E.T."とはどういう意味か?

1982年に公開された映画"E.T."をご覧になった方も多いかと思います。異星人と子供達のファーストコンタクトを題材にしたスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督作品です。この作品タイトルである"E.T."という言葉、これはある意味を持った言葉、もっと正確に言うと、ある言葉を短縮したもの(EとTの後にピリオドがあることで想像できるかと思います)なのですが、果たしてどういう意味を持っているのでしょう?


<解答>

 "E.T."="Extraterrestrial":「地球外生物、異星人」

"terrestrial"という言葉が「地球の」という意味を持つ形容詞であるため、"extra"+"terrestrial"で「地球外の」という形容詞となり、「地球外の生き物」という名詞の意味も持つようになったのですね。ちなみに、映画"E.T."のサブタイトルは"The Extra-Terrestrial"と、思いっきりそのままでした。(^^;

"terrestrial":「地球の」と対を成す言葉としては、"celestial":「天体の」があります(例えば、"terrestrial globe":「地球儀」に対し、"celestial globe":「天球儀」)。さらに、"terrestrial"が「現世の」という意味なのに対し、"celestial"は「天国の、この世のものではない」という意味も持っています("celestial beauty":「絶世の美(人)」)。"celesta"という、鐘のような優しい音を出す鍵盤楽器があるのですが、この名前は"celestial"と同様に「この世のものとは思えない、天国のような音色」という意味から名付けられています。

| | Comments (498) | TrackBack (0)

09/04/2004

「ラジャー」って元々はどういう意味?

誰かに何か言われて、それを了解したときに「ラジャー」って言う人いますよね(人によっては、「ガッテンだ!」とか、「アイアイサー」って言う人もいますけど (^^;)。さて、この「了解!」という意味の「ラジャー」という言葉、ご想像の通り英語なのですが、元をただせば全く違う意味の言葉の転用なのです。さてそれは一体なんでしょう?


<解答>

 「ラジャー」:人名の"Roger"

日本語風に言うと、「ロジャー」ですね。大リーグの偉大なる大投手、ロジャー・クレメンス(Roger Clemens)などが有名でしょうか。
さて、ではなぜ"Roger"が「了解!」という意味になったか。昔、軍隊の無線などでメッセージを受け取ったときに、"received(もしくはreception)"という意味で"R"というコードを使っていたようなのですが、間違うといけないので「"Roger"の"R"」という意味で"Roger"と言っていたところ、それがそのまま転用されて「了解!」という意味になったようです。
ちなみに、"Roger"のような言葉を"phonetic code(もしくはphonetic alphabet)"と言います。日本語でも、「秋田」の「あ」とか、「朝日」の「あ」とかって言いますよね。

| | Comments (260) | TrackBack (0)

09/02/2004

「ガチャ(gotcha)」とはどういう意味か?

英語ネイティブの学生さんとかと話をしていると、時々「ガチャ」と言われることがあります。この言葉、文章としてお目にかかることはあまりないのですが、会話の中では比較的よく使われるようです。さて、「ガチャ」とはどういう意味なのでしょうか?


<解答>

 「ガチャ(gotcha)」:「分かった!、捕まえた!」

この言葉は、"I've got you!"の崩れたもの(got you→got ya→gotcha)と言われていて、「あなた(の言っていること)をgetした!」ということから、このような意味として使われるようです。ただ、かなりくだけた表現なので、友達同士以外では"I've got you"と崩さず言うほうが無難なようですね。

ちなみに、この言葉が「ガッチャマン」の名前の由来という説もありますが、スタッフの方が「インパクトのある名前を」ということで考えだした意味のない言葉説、機関車の連結士の俗称「ガッチャマン(連結時の音から)」を使用した説(合体のイメージより)の方が有力なようです。

| | Comments (285) | TrackBack (0)

「ミニチュア」の綴りは?

「ミニチュア」という言葉は、「小型・縮小模型」という意味で日本語として定着しています(英語でも同義で使用します)。しかしこの言葉、何の気なしに書くと確実に綴りを間違う代表的な英単語です。さて、「ミニチュア」とはどのように綴るのでしょう?


<解答>

 「ミニチュア」:"miniature"
   ※真ん中に"a"が必要

辞書によると、発音は「ミニチュァ」でも「ミニアチュァ」でもいいようです。

ちなみに、この言葉はラテン語の"miniare"(鉛丹で出来た赤い絵の具"minium"で絵を描くこと)が語源になっていて、もともとはそのようにして書かれた「写本の装飾」という意味しかなかったのですが、"mini"(小さい)という言葉と混同されて、「細密画」という意味になり、さらに変化して「小型・縮小模型」という意味も持つようになったようです。なお、美術的に「(特に中世の)細密画」を指す場合は「ミニアチュール」と言うことが多いようですが、何語読みかは分かりませんでした。(^^;

| | Comments (249) | TrackBack (0)

09/01/2004

"funny money"とはどういう意味か?

"funny"(ファニー)という言葉は、「おかしい、滑稽な」という意味ですっかり日本語に定着した感があります。英語でももちろんそういう意味を持っているのですが、それ以外の意味に使うこともあるので注意が必要です。本日はその一例。"funny money"とはどういう意味でしょうか?もちろん、「滑稽なお金」という意味ではありませんよ・・・


<解答>

 "funny money":「偽金、違法に印刷されたお金」

"funny"という形容詞は、「違法な、不正な、いかがわしい」という意味も持っているのですね。同様な表現としては、"funny business":「いんちきな行動、愚かな行動」が挙げられます。なお、"funny money"は少しくだけた表現で、一般的に「偽金」は"counterfeit money"と言ったりするようです。

ちなみに、机の角などに肘をぶつけると妙に「ジーン」とする箇所ってありますよね。あの位置にある骨を「尺骨(ulna)」と言うのですが、ぶつけると痺れる突起部分を特に"funny bone"と言うそうです。この言葉、「ユーモアセンス」という意味も持っていますので、この場合の"funny"は「滑稽な」という意味のようですが、「ジーン」としている時って決して笑えませんよね(笑)。

| | Comments (110) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »